足の臭いに重曹が効かない時の対処法!

足 臭い 重曹 効かない

 

足の臭いは、多くの人が、足裏の雑菌から発生するイソ吉草酸が原因です。

 

イソ吉草酸は納豆臭、チーズ臭がします。

 

この臭いがする時には、アルカリ性物質である重曹で、酸性であるイソ吉草酸を中和させることで、足の臭いは消えます。

 

それでも、足の臭いに重曹は効かないのであれば、あなたの足の臭いはオシッコのようなアンモニア臭ではないでしょうか?

 

よく確認をしてみてください。

 

もし、そうであればアルカリ性のアンモニアは、酸性のミョウバンで中和させることで、足の臭いを消すことができます。

 

足の臭いはミョウバンを使う事で解消されます!

足 臭い 重曹 効かない

ミョウバンが足の臭いに悩む人の間で評判になっています。

 

ミョウバンを使用することで、足の臭いが解消されるからです。

ミョウバンは、煮物の煮崩れ防止やアク抜き、食品の色移り防止などに使われ、スーパーで購入することができます。

 

ドラッグストアやネットでも販売されていますが量が多いので足の臭い対策に使うのならスーパーの少量タイプで十分です。

ミョウバンが足の臭いに効果を発揮するのはアルカリ性のアンモニア臭に対してです。

 

納豆臭、チーズ臭のような酸性のイソ吉草酸が原因の場合は、酸性のミョウバンでは中和させることができないので足の臭いを解消することはできません。

 

そのような時には、ミョウバンではなくアルカリ性の重曹を使い中和させることで足の臭いを解消させます。

 

【参考記事】
>>足の臭いに重曹が効果的!

ミョウバンの4つの効能

殺菌作用

靴の中が蒸れている状態だと、皮膚が汗にふれることでアルカリ性に変わります。

 

この状態のときには、皮膚表面の悪玉菌が繁殖しやすい状態になります。

 

ミョウバンは水と混ぜることで弱酸性になります。

 

足の臭いの元になる悪玉菌(雑菌)は弱酸性に弱いことから雑菌の繁殖を防ぐことができるので足の臭いを抑制できるのです。

 

また、人間に必要な菌である善玉菌は弱酸性で元気になることから、

 

ミョウバンは足の臭いの元になる悪玉菌を抑え、お肌を守る善玉菌を増やしてくれるよい効能があるんです。

 

化粧品のほとんどが弱酸性なのもこのためです。

 

収れん作用

ミョウバンはたんぱく質を変性させ組織や血管を縮める収れん作用があります。

 

この収れん作用効果で汗腺が収縮し汗が出にくくなります。

 

また、過剰な皮脂分泌も抑えることができます。

 

汗や皮脂などを栄養分として育つ足の臭いの元である悪玉菌の増殖を防ぐことができます。

 

制汗作用

収れん作用でお話したように、ミョウバンは汗腺を収縮させる作用があることから制汗作用に効果があります。

 

販売されている多くの制汗剤にはミョウバンが使われているのもそのためです。

 

中和作用

足の臭いの元である、汗、皮脂、角質(垢)はアルカリ性です。

 

ミョウバンは酸性なのでアルカリ性を中和させることで足の臭いを消すことができます。

 

納豆のような匂いがする足の臭いの原因物質「イソ吉草酸」は、酸性なのでミョウバン水は残念ながら消臭効果は期待できません。

 

納豆のような匂いがする時には、ミョウバン水ではなくアルカリ性の重曹水が効果があります。

 

ミョウバン水の作り方

焼ミョウバンを用意します。
スーパー等で漬物用として60gで100円くらいで販売しています。

ミョウバンには生ミョウバンと焼きミョウバンがあります。
どちらでもかまいませんが、足の臭い対策に使うのなら水に溶けやすい焼きミョウバンがおすすめです。

ミョウバン希釈液を最初から作ると、液が不安定になることがあるので、必ず原液を作ってから希釈液を作ります。

 

使用する水は必ず水道水を使用します。
ミネラルウオーターや精製水は水道水のようにカルキ(塩素)が入ってないので日持が悪く、すぐに腐ってしまいます。

ミョウバン原液の作り方

  • 500mlのペットボトルを利用します。
  • 20gのミョウバンに対して水道水500ml
  • よくシェイクして冷暗所で1〜3日、透明になるまで放置します

ミョウバン水希釈液

  • ミョウバン原液に対して水道水を10〜50倍程度に薄める
保存期間
  • ミョウバン水原液

    冷暗所保管で約1ヶ月

  • ミョウバン水希釈液

    冷暗所保管で約1週間

ミョウバン水の使い方

足湯

足 臭い 重曹 効かない

足を浸すバケツなどに、ぬるま湯(30〜40度)をいれ、ミョウバン水原液を、お湯の約10分の1入れ、よくかき混ぜます。

用意ができたら、その中に10〜15分間、足を浸します。

 

足に切り傷や擦り傷がある時には、足湯をするとしみることがります。

 

そんな時は、お湯の温度を下げるか、ミョウバン原液の量を減らして様子をみてください。

 

足の消臭効果は弱くなりますが、我慢するよりはいいと思います。

ミョウバン風呂

湯船にミョウバン原液を約50〜70ml入れ、良くかき混ぜます。
湯船に10〜15分間浸かります。

 

ミョウバン風呂は、足だけでなくカラダ全身をミョウバン水の酸性が皮膚の細菌の繁殖を防いでくれます。

 

全身の臭い対策になるほか、にきびやアトピー対策にもなります。

ミョウバン水スプレー

足湯やミョウバン風呂が面倒くさいという人には、ミョウバン水を直接、足に吹きかけましょう。

 

ミョウバン水の希釈濃度は、人それぞれです。
初めは様子見で薄目から始めるのがオススメです。

 

肌に刺激を感じたら、中止するか希釈濃度をもっと薄くして下さい。

 

スプレー後は、乾くまで待つか、タオルで拭き取ります。

 

スプレーボトルは100円均一で売っているものでOKです。

 

30mlのミニボトルなら外出時にも持ち運びができ、外出先で困った状況になった時でも、
トイレに駆け込んでミョウバンスプレーをするだけで足の臭いが解消されます。

 

できれば靴下やストッキングも履き替えたいところですが、替えがない時には、靴下にもすぐ乾く程度にミョウバンスプレーを少量振りかけることで臭いを抑えることができます。

靴・靴下の消毒

足が匂えば、靴下や靴も匂っています。
靴下は一度ニオイが染み付くと洗っただけではニオイが落ちないことがあります。

 

洗ったスグは匂わないのですが、靴下を履いてしばらくすると元の匂いが復元します。

 

そんな場合は洗濯後の靴下をミョウバン水希釈液に浸すか、スプレーをします。
その後、よく乾かしてから使用します。

 

靴は、ミョウバン水希釈液を靴の中に万遍なくスプレーします。
その後、よく乾燥させます。

 

できれば、靴は3足ぐらいを用意して中2日間空けるローティ―ションで履き替えるようにしましょう。

 

ミョウバンのデメリット

ミョウバンを足の臭い対策に使用することのデメリットはほとんどありませんが、
ミョウバン水の濃度が濃いと肌荒れが起きる可能性があります。

 

また、前述したように足に切り傷や擦り傷があるときは沁みたりもします。

 

足の臭いがひどいから早く何とかしたいと、いきなりミョウバン水の濃度を濃くするのではなく、
薄い状態から徐々に濃度をあげていくようにしましょう。

 

足にキズがある時は、ミョウバン水スプレーだけでも対処するのも一つの方法です。

 

ミョウバン水を使っても効果を感じられなかった、
あるいはミョウバン水を作ること自体が面倒くさいという方は、

 

制汗力や殺菌力があり、足の臭い消臭に効果が期待できるデオドラントスプレー、クリームがおすすめです。

足サラ

スプレータイプなのでミョウバン水スプレーと同じように使うことができます。

 

スプレーミストタイプなのでマイクロパウダーがスプレーした瞬間に足をサラサラにします。

 

ベタツキが気になることはありません。

 

持続性もあり、朝出かける前に1回スプレーするだけで1日効果が持続します。

 

お肌に優しい無添加、低刺激なのでミョウバン水のように肌荒れを心配する必要もありません。

 

国内工場で生産の医薬部外品です。

 

足の臭い ミョウバン足サラサラで靴を脱いでも大丈夫♪【足サラ】

 

足サラ

 

ノーノースメル

効果が長持ちする足の臭い専用のクリームです。

 

販売会社が安心・信頼できる東証一部上場企業。

 

防臭、制汗、殺菌だけでなく角質ケアもできます。

 

公式サイトからの通販のみで、楽天やAmazonでは販売していません。

 

医薬部外品で、効果が実感できなければ、1本使い切った後でも全額返金保証をしてくれます。

 

これならもし外れでも安心ですね。

 

朝の出勤、登校前に1回と、夜お風呂に入った後の1回。
1日に2回使用します。

 

決して売りっぱなしではなくWEBや電話で健康管理士や専任アドバイザーに相談することができます。

 

足の臭い ミョウバン防臭、制汗、殺菌、角質ケア 4つの効果【ノーノースメル】

 

 

ミョウバンを使った体験談

ミョウバン水はコスパ最高!

温かい時期になってくると、ストッキングにパンプスというスタイルが多くなってきます。

 

でもこの組み合わせ、ものすごく足が蒸れて臭いが気になってしまいます。

 

午後には座っているだけで臭いが立ち込めてくるほどです。

 

帰宅して靴を脱いだ時にはさらに強烈なにおいを放っています。

 

これは周りの人に迷惑をかけているかも・・・と思い、足の臭いケアを始めました。

 

ただ、私は人工香料の香りが苦手なので無香料のものがいいというのと、皮膚が弱いのでなるべく肌にやさしいものがいいと思ったので、市販の制汗剤等から探すのが大変でした。

 

調べていると、手作りのミョウバン水で臭い対策ができるという情報を見つけました。

 

作り方は、スーパーなどで売っているミョウバン50gを水道水1500mlに溶かせばミョウバン水原液の完成。

 

これを10倍に薄めてスプレーするだけで臭い対策ができるということでした。

 

とても簡単そうなのでさっそくミョウバンを買って試してみました。

 

ちなみにミョウバンはスーパーで60gで100円ほどで買えました。

 

出来上がったミョウバン水は透明サラサラでただの水のようなので、本当に大丈夫かな?と思うほど頼りなさげな見た目でしたが、とりあえず朝足にスプレーした後にストッキングを履いて1日過ごしてみました。

 

すると、いつもは臭いが気になってくる午後もいい感じでした。

 

夜にはさすがに臭いがありましたが、今までよりは全然ましです。

 

さらにお昼に追加でシュッシュッとすれば夜まで持続してくれました。

 

サラサラのなで、ストッキングの上からでもスプレーしやすかったです。

 

ちょっと足をフリフリして乾かせばすぐに靴を履いてOKでした。

 

ただ、手作りなので保管方法や使用期限には気を遣わなければいけません。

 

そういうのが面倒な人はちょっと大変かもしれないですね。

 

でもこんなにお手軽に臭いケアができて私はとても満足です。

 

香料が苦手な方、シンプルな成分が良いという方、安い値段で臭い対策をしたいという方におすすめの方法です。

 

ミョウバン水をスプレーボトルに入れて使っています。

冬は寒さからロングブーツが欠かせず、ここ数年はショートブーツを毎日履いています。

 

毎日履くとどうしても汗の臭いというか蒸れた臭いというか、甘酸っぱいような嫌な臭いが脱いだブーツやタイツからしていました。

 

乾燥剤を毎日ブーツの中に入れても改善されませんでした。

 

デートの日に座敷の居酒屋で食べることになった時にブーツを脱いで、そのブーツを彼が靴箱に片づけてくれましたが、やはり臭いがしたようで「〇〇ちゃんの靴から俺と同じような臭いがしてなんか面白い」という絶望的なことを言われてショックでした。

 

その日帰ってからたくさん調べてミョウバン水を知りました。

 

2Lペットボトルにミョウバンを入れて振って、数日かけて溶かしきったら完成です。

 

100均のスプレーボトルに入れてお風呂上り、朝の着替えの時、履く前脱いだ後のブーツにスプレーしました。

 

すると当日中に脱いだ時の臭いがこれまでほど気にならなくなり、数日中には帰宅後のタイツもブーツも大幅に臭いが軽減されたのが実感できました。

 

ミョウバン水は数百円で大量に作ることができるので、コストパフォーマンスも高いですし、消臭のパフォーマンスもとても高いです。

 

今は冬だけではなく、もう季節を問わずにスプレーして使っています。

 

少量の精油も入れて、無臭ではなく靴を脱いでも良い香りがするようになりましたし、小さいスプレーボトルに入れた持ち歩き用も作ってカバンに入れています。

 

同じく足の臭いにイラつきを覚えていた彼にもミョウバン水を渡すと、感動してくれ、自分で大量に作って使っています。

 

もともと消臭を謳う5本指ソックスを使っていた彼ですが、効果をあまり感じることができなかったようで、靴下を一足買うより安い値段で数か月分作れるミョウバン水の方が気に入ったようです。

 

女性、男性問わず足の臭いはどうしてもしてしまうものなので、悩んでいる方はぜひ使ってみてほしいです。

 

本当に効果が高いうえに安くて驚くと思います。

 

ミョウバン入りクリームを塗れば、1日臭いの心配はいりません。

私は、一般の人よりも足がむれやすく、自分自身で足の臭いが気になるほどです。

 

仕事柄、常に靴を履いているのですが、デスクワークで椅子に座っているときに、自分の足の臭いがしてくるときがあります。

 

そんな時は、他人に気づかれていないかどきどきします。

 

絶対に嫌だったのは、1日働いてから職場の仲間と飲みに行ったとき、店が座敷で靴を脱がなければならないときです。

 

足の臭いが気になる人なら、私の気持ちはよくわかるのではないでしょうか。

 

これまでは、足の臭いが気になったときは、こっそり更衣室でフットスプレーをかけていました。

 

しかし、靴下についた足の臭いが一時的に気にならなくなるだけでした。

 

靴下を履き替えるという方法もしましたが、忙しいときはそんなことをしている余裕もありません。

 

ある日、薬局でミョウバン入りのクリームを見つけました。

 

足に塗るだけで足の臭いが抑えらえると書いてありました。

 

はたして効果はあるのかと、半信半疑で購入しました。

 

まずはやってみようと。

 

早速、次の日の朝、このクリームを足に塗ります。

 

足の指の間、特に親指と人差し指の間が一番臭うような気がしたので、その辺は特に念入りに塗り込みます。

 

果たしてどうなるか。

 

その日は、一日仕事をしていましたが、以前のように自分で自分の足が臭うことはありませんでした。

 

これはとても効果があると実感しました。足を近づけても特に臭いは気になりません。

 

今までにないことで、顔がにやけていたかもしれません。

 

その日、帰ってから靴下を脱いで自分の足の臭いを確かめてみると、本当に気にならないことにびっくりしました。

 

ミョウバン入りクリームがここまで足の臭いを抑えているとは思いもしませんでした。

 

足の臭いが気になる人は、世の中にたくさんいると思います。

 

私はミョウバン入りクリームをお勧めします。

 

出かける前、足の指の間を中心に塗るだけ。

 

塗るのに時間はほとんどかからないのに、効果は1日中。特に、足の臭いが強烈だと自分で感じている人は、ぜひ試してみてください。


ミョウバンは効果ありませんでした。

大学生の時、夏にイギリスに行きました。

 

夏と言っても、全く暑く無く、むしろ寒いぐらいでした。

 

毎日、歩いて学校に行ったり、観光したり、兎に角歩く時間がとても多かったので、スニーカーを履いて行動していました。

 

私は当時は、あまりスニーカーを履く習慣がなかったので、靴下を履かずに素足て履くか、ストッキングをはいて履くか、どちらかでした。

 

1か月のイギリス短期留学が終わろうとしていた時、何となく靴が臭うかなと思ったので、ホテルのい部屋で靴を洗ったり、汗をかいたと思ったら、よく乾燥させたりしました。

 

でも、何をやってもまだ、何となく臭う感じがするので、なんだろう?と思っていました。

 

自分の足が臭っているとわかったのは、飛行機に乗った時でした。

 

スニーカーを脱ぐと、酸を含んだ、つんと鼻を突く臭いがしました。

 

周りに座っていた人が、「何か臭うね」といったのを聞いて、自分だけではなく、周りの人を気が付いているのだとわかりました。

 

すぐに靴を履き、お手洗いに行って足を拭きました。

 

日本に帰って、何度か足を洗ったら、臭いはなくなると思っていました。

 

でも、石鹸で綺麗に洗っても、足を乾燥させても、秋が来て涼しくなっても、足の臭いがとれませんでした。

 

重曹やミョウバンは臭い消しに最適だと聞いていたので、水で薄めた重曹水やミョウバン水で足を拭いて、乾燥させたりしました。

 

また、布袋にミョウバンや重曹を入れて、それを靴の中に入れてみたりもしました。

 

でも、全く効果がありませんでした。

 

臭いはどんどんひどくなって行くように思いました。

 

どんなに洗っても、乾燥させても、靴を履いて脱いだら、臭っていました。

 

大学生の女の子なのに、足が臭うなんて、とても恥ずかしかったです。

 

周りの人は気が付いていても、はっきり言えず、気を遣っている様子が伝わって来ました。

 

そんな時、バイト先で休憩をしていた時に、店長が異臭に気が付いて、「何の臭い?」って顔をしました。

 

「私だと思います。靴を清潔にしてもなんか変なんです。」と言ったら、汗をかくと、足の裏の皮が汗を吸って、それが原因で臭うことがあると。

 

足の裏を軽く軽石でこすって、汗を吸っている皮を削ると、臭いが消えるらしいと話してくれました。

 

家に帰って即実行しました。

 

すると、臭いはその日のうちになくなりました。

 

 

足が臭いのを治す方法:TOPページ