子供の足の臭いを解消する石鹸。ドラッグストアのおすすめ

足 臭い 石鹸 ドラッグストア 子供

子供の足の臭いが「エッ!」というくらい、ひどく匂う時期があります。

 

そんな時の子供の足の臭いを解消する方法を紹介します。

 

ココで紹介している内容は、子供の足が臭いに悩んでいるお母さんには、必ず参考になると思います。

このページの目次

子供の足が臭いときは石鹸で洗う

足 臭い 石鹸 ドラッグストア 子供

子供の足が臭いときは、足を洗う石鹸はボディソープとは別に用意しましょう。

 

ボディソープは保湿成分や香料なども含まれているので、足を洗うのには適していません。

 

ボディーソープは泡立ちがいいから洗浄力が高そうにみえますが、洗浄力は石鹸の方が高いんです。

 

ボディーソープには石鹸素地が3割程度しか含まれていません。

 

また、保湿成分が入っていると、また靴を履いて出かける時に蒸れてしまい臭う原因になってしまいます。

 

石鹸はドラッグストアで販売している石鹸で十分ですが、わざわざ足用の石鹸を用意する必要はありません。

 

足 臭い 石鹸 ドラッグストア 子供

まずは手を洗う時の薬用成分が入ったハンドソープを兼用で使ってみて下さい。

 

手洗い用と兼用することで置き場所にも困らず経済的で、お子さんも実行しやすいです。

 

家に帰ってきた時に玄関で手と足を一緒に洗えるように、子供用の椅子とタライを用意しておくといいですね。

 

夏にはたまにタライの中に氷を入れたり、冬には暖かいお湯を用意しておくと子供も喜んで洗ってくれます。

 

それで効果を感じられなかったり、更に効果を高めるのなら、石鹸を薬用デオドラント石鹸に変えましょう。

 

そうするだけで、お子さんの足の臭いはほとんど解消できるはずです。

 

薬用デオドラント石鹸は、きめ細かい泡が毛穴の中まで入り込んで奥の雑菌まで取り除いてくれるからです。

子供の足の臭いを消す石鹸

ここで紹介する石鹸はドラッグストアや通販で購入することができます。

子供の足の臭いを消す?うたまろ石鹸

頑固な汚れが落ちることで有名な、うたまろ石鹸ですが足の臭いを消すことはできるのでしょうか?

 

うたまろ石鹸は、普通の洗濯では落ちにい靴下や泥汚れ、襟や袖などきれいさっぱり見事なまでに真っ白にしてくれます。

 

うたまろ石鹸のパッケージには除菌や消臭の表示があり、こだわりの一つにも「手肌にやさいいこと」があります。

 

どうやら、足の臭い対策に使えそう?
ですが、少し待ってください。

 

うたまろ石鹸は、「洗濯石鹸」に分類されているので、基本的には顔や身体に使う石けんではないんです。

 

うたまろ石鹸には、蛍光増白剤が入っているので顔や肌の皮膚の薄い部位に使用することは避けた方がいいでしょう。

 

うたまろ石鹸で、こんな書込みがありました。

うたまろ石鹸が風呂場においてあったので、意識することなく泡だてて顔から足まで全部洗いました。
そうしたら、風呂上がりに全身が痒くなってきたのです。
その時に初めて、うたまろ石鹸は洗濯用せっけんで蛍光増白剤が含まれていることを知りました。
今も全身が痒いです。
どうしたらいいのでしょう?

この書込みを見ると、足の臭い対策に使うことは怖いですよね。

 

足の臭い対策の石鹸は、やはり専用の消臭石鹸が安心です。

子供の足の臭いを消す石鹸 ミューズ

ミューズ石鹸は医薬部外品です。
シャンプー・リンス・ニキビケアなどにも使わている殺菌剤『イソプロピルメチルフェノール』が配合されているのが大きな特徴です。

 

この『イソプロピルメチルフェノール』が足の臭い原因であるイソ吉草酸の発生を抑えてくれます。

 

1個95gタイプと、135gタイプがあり、95gタイプは1個100円前後で売られていますが、Amazonなら税込295円で1個100円を切る値段で販売しています。

 

ミューズ石鹸は、足の臭いだけでなく体臭や汗臭の原因菌も殺菌してくれます。

 

詳細は画像↓をクリック

ただ、機械で大量に作る石鹸は、足の消臭に特化した製品とは工程が異なるので、泡がキメ細かくないので、汚れが落ちにくいです。

 

アミューズ石鹸で、足の臭いが消えないということなら、
足の消臭に特化した品質の高いものを使用することをおすすめします。

 

そうすることで、足の臭いトラブルはほとんど起こらなくなるでしょう。

子供の足の臭いを消すアニセ薬用石鹸

足 臭い 石鹸 ドラッグストア 子供

ミューズ石鹸は説明したように足の臭い対策に効果があるのですが、足の臭い対策専用の石鹸ではありません。

 

足の臭い対策では、ミューズ石鹸の上をいく足の臭い対策に特化した専用の石鹸もあります。

 

この石鹸を使用すれば、デオドラントクリームとの併用も必要がなくなります。

 

その石鹸は、医薬部外品「アニセ薬用石鹸」です。

足 臭い 石鹸 ドラッグストア 子供

消臭の口コミ満足度 第1位

*ゼネラルリサーチ調べ

  • 人目を気にしないで、堂々と靴を脱げるようになりました。
  • アニセで足だけでなく靴と靴下も洗うようにしたら1日で効果が確認できました。
  • 息子の悪臭にはまいっていたのですが、もう怒らなくて済むようになりました。
消臭率 99%

*消臭性試験(日本食品分析センター調べ)

「アニセ薬用石鹸」の特徴
  • 薬用炭
  • ベントナイト(国産クレイ)
  • 柿渋エキス(カキタンニン)
  • ミョウバン(アルムK)

これら4つの成分が配合され医薬部外品の製造販売の承認を取得しています。

 

肌に直接触れる物なので配合成分にもこだわり、余計なものは一切はいっていません!

  • 無着色
  • 無香料
  • 防腐剤不使用
  • 有効成分配合
  • アルカリ性
  • パラペンフリー
  • 石油系界面活性剤不使用

多くの方は、消臭力が高いと書かれた石鹸やボディーソープを選んでいると思います。

 

しかし、石鹸やボディーソープに消臭力があるのは当たり前で、スーパーやドラッグストアで売られている石鹸やボディーソープ30社を対象に、実際に足を洗った後に臭気計で計測すると、すべてが3以下の結果で消臭力にはほとんど差はありません。

 

しかし、足の臭い対策で選ぶ基準は、古い角質や皮脂を洗い流してくれて、5時間、10時間後でも足が臭いにくい、つまり雑菌が繁殖しにくい石鹸を選ぶ必要があります。

業務用超強力協力消臭剤

こんなプロ用消臭剤もあります。

 

市販品では対応できない強烈な悪臭、不快なニオイを短時間で除去する消臭剤
臭い戻りがありません。

 

介護施設、宿泊施設、交通機関、葬祭場、下水処理施設、建設現場、不動産関連企業などの清掃局等で使用されているものと同等のものです。

  • 高齢者介護、認知症介護などで衣服に付着した糞尿臭、おねしょ(夜尿症)やヨダレ臭
  • ベッドやシーツなどのリネン類、衣服、畳、じゅうたん、床、壁、座席などに付着した悪臭の瞬間消臭と除菌
  • 簡易トイレ等の強力消臭剤
  • 庭の土などに付着した猫の糞尿臭除去
  • 靴の中に染み付いた靴ムレ臭や脚の臭いの消臭

子供の足の臭いを消す石鹸を買うときのドラッグストアでの選び方

ここで紹介した以外でも、足の臭いを消す石鹸をドラッグストアで選ぶ時の基準をお話しします。

殺菌成分をチェック

次の成分が含まれているか ?

天然成分
  • 柿タンニン
  • 茶カテキン
  • ミョウバン
  • ハッカ
有効成分
  • イソプロピルメチルフェノール
  • ベンゼトニウムクロリド
  • トリクロロヒドロキシジフェニルエーテル

「薬用」「医薬部外品」の表記

厚生労働省から有効性、安全性、品質に関して認可を受けているのが「薬用」「医薬部外品」です。

 

「薬用」「医薬部外品」の石鹸で上記の有効成分が表示されているのを確認してください。

 

「薬用」「医薬部外品」の石鹸でも肌荒れやニキビを抑える消炎剤が配合されたタイプがあるので、
足の臭いに効果的なのは殺菌有効成分が配合された石鹸です。

子供の足の臭いを消す石鹸:逆性石鹸

石鹸を変えても、まだ子供の足の臭いが完全に消えていない方は、逆性石鹸を使いましょう。

 

逆性石鹸といっても、名前は石鹸ですが洗浄能力はありません。

 

あるのは殺菌能力です。

 

足の臭いを消す石鹸

逆性石鹸は病院の先生や飲食店の人が手の消毒用に使ったりしています。

 

ドラッグストアで安価で購入することができます。

 

名前は逆性石鹸、塩化ベンザルコニウム液、オスバン液と色々な名称が付けられていますが、中身は同じです。

 

逆性石鹸は水に溶けるとプラスイオンになります。
細菌やカビは、マイナスイオンを持つタンパク質やセルロースを主成分としているので、

 

プラスとマイナスが磁石のように引き合うことで細胞の構造を破壊し殺菌してくれます。

 

逆性石鹸での足の臭いケアを毎日続けていれば、早い人で1週間もすれば足の臭いは改善されているはずです。

 

ただし、靴も清潔で臭いが染み付いていないのが前提です。

 

せっかく、足の臭いが逆性石鹸で消えても、毎日履く靴が臭っていれば、靴から足に臭いが移りいつまでたっても足の臭いが解消されることはありません。

逆性石鹸の使い方

石鹸のように泡立てて足を洗うのではありません。

 

まず足専用の石鹸で足の汚れを落としキレイにし、よく洗い流し水分をしっかりと拭き取ったあとに使用します。

 

というのは、足に石鹸の一部でも残っていると逆性石鹸の成分と反発し合って充分な殺菌能力を失ってしまうからです。

用意するもの
  • 逆性石鹸
  • 洗面器

足の臭い石鹸

洗面器に約40℃ぐらいのお湯をはった後、逆性石鹸をキャップ1杯ほどいれます。

 

逆性石鹸の希釈度は約100倍に薄めて使います。

 

洗面器に、5〜10分ほど足を浸けます。

 

その後、お湯で洗い流しタオルで水分を拭き取って終りです。

 

これを毎日続けてみてください。
必ず、あなたは効果を実感できるはずです。

水虫の足には逆性石鹸は使わない

逆性石鹸は水虫の元凶であるカビ菌(真菌)を予防し殺菌してくれます。

 

しかし、逆性石鹸は皮膚表面に繁殖している雑菌を除去しますが、水虫の菌が皮膚組織の奥深く入り込んでいる場合は、根こそぎ死滅させる効果はありません。

 

水虫が化膿したジュクジュクしている部分は、逆にただれたり炎症を促進させたりしてしまうので、そんな場合は逆性石鹸は使わないようにして下さい。

 

また、肌が弱い方は直接足を浸すのではなく、ガーゼなどを使用して足の裏や指の間を拭くのがおすすめです。

子供の足が臭いのは石鹸ではなく洗い方が問題

子供の足は、お子さんによって時期は多少の違いはありますが、幼稚園や保育園、小学生になった頃から急激に足の臭いが強くなります。

 

子供の足の洗い方

自分の子供でも、側に寄らないでくれ〜。

臭い足のままで家の中を歩き回らないでくれ〜。と叫びたい時もあります。

 

赤ちゃんの頃の足はふわふわで、ほっぺにペタッとしても全然平気だったのに。

 

あのころのかわいい足は何処にいってしまったんだろうと思います。

 

しかし、「あなたの足が臭い」と強く言うこともできず、かといって「足をキチンと洗いなさい!!」と強要すると萎縮した子になったり、「足の臭いに敏感な子」になってしまう心配もあります。

 

されど、毎日、足を洗ってあげることも手間がかかり面倒です。

 

なんとか自分でキレイに足を洗ってくれるといいのだが。と思うことはありませんか?

 

あなたはお子さんに、家に帰ってきたら「足をキレイに洗ってね〜」とすませていませんか?

 

これだけでは、お子さんは足をしっかり洗ってくれません。
一緒にお風呂に入るとわかりますが、適当に洗っているのがわかるはずです。

 

あまり強く言うとゴシゴシ擦りすぎて皮膚を傷つけてしまい、かえって、雑菌を繁殖させやすくしてしまいます。

 

実は子供が自発的に足をしっかりと洗ってくれる良い方法があるのです。
一度、実践してみてください。

子供が足を丁寧に洗う魔法の言葉

子供が足を丁寧に洗う魔法の言葉があります♪

 

この魔法の言葉をお子さんにかけるだけで、お子さんが自発的に足の指の間、爪の間もしっかりと洗ってくれます

◆子供が足を丁寧に洗う魔法の言葉:その1 

子供の足の臭い

近年、コロナウイルスの発生などで、どこの幼稚園、小学校でもしっかり衛生管理が教育されているので、

 

園や学校で、指の間、爪の間もきちんと洗うように、手の洗い方をしっかりと教えてもらっています。

 

ですので「足も手と同じように洗ってね。」というだけで、手と同じように足の指の間、爪の間もしっかりと洗ってくれるのです。

 

本当にこれだけで足の指の間、爪の間もちゃんと洗ってくれますよ。

 

◆足の臭い子供に効く魔法の言葉:その2
足が臭いと女の子(男の子)に嫌われるよ。
異性を意識する年頃の子供にはとても効果があります

足 臭い 石鹸 ドラッグストア 子供

お子さんの足は、手よりも汚れがひどく足の爪の間などには汚れや砂が詰まっていることがあります。

 

こんな場合は、使わなくなった歯ブラシを用意し足専用にするか、もしくは足専用の爪ブラシを用意しておくといいでしょう。

 

これだけで随分と違いますが、まだ、それでも足の臭いが残ってしまう場合は、次の方法を実践しましょう。

重曹

まず、足の臭いがひどい場合は一度、アルカリ性の重曹水を使って酸性のイソ吉草酸を中和させる必要があります。

お風呂に入って足をしっかり洗ったはずなのに、すぐに足が臭くなるのはイソ吉草酸が原因です。
イソ吉草酸は汗や汚れと違って洗ってもなかなか落ちにくい性質を持っています。

一度、重曹水でイソ吉草酸を除去した後は、洗浄力がボディソープよりも強い石鹸で足を洗います。

 

この時に、あまりゴシゴシ洗いすぎると足に常在する善玉菌まで殺してしまい、
前述したように、かえって皮膚の免疫力を落とし足の臭いをは発生させます。

 

石鹸で足を洗う時には、泡立ちネットなどでしっかり泡を作って優しく洗うようにします。

足の爪

足の臭いを消す石鹸

そして、足の爪の間もできれば足の爪専用ブラシを使って、見落としがちな汚れを落とします。

 

足の専用爪ブラシは100均でも売っています。

足の指

あと、足の指の間もしっかりと洗いましょう。

 

足の裏とか、かかとはしっかり洗うのですが意外と足の指と指の間の洗いがおろそかになったりしています。

 

足の裏には皮脂線はありませんが足の指の間には皮脂線があるので、皮脂や角栓、汗などで蒸れやすくイソ吉草酸が繁殖しやすくなっています。

かかと

それとより念入りに洗わないといけない場所がかかとです。
足が臭うのは約60%が、かかとからといわれています。

 

ですのでかかとを中心に足の裏の角質のケアを行うことがとても重要です。

 

かかとの洗い方は⇒こちらで詳しく紹介しています参考にしてください。

水気を取る

洗い終わったらタオルで水気をしっかりと拭き取ります。
水気が残ると、そこから雑菌の繁殖を招いてしまいます。

 

できれば、お風呂上りに足のケアとして足の臭い対策クリームを使用するのがおすすめです。

 

そうすることで日中の足の臭いの発生を抑えることができます。

足の臭いを消すデオドラントクリーム

アルカリ性の石鹸で、酸化を中和させ足の善玉菌を残しながら優しく洗浄することで、足の臭い対策には効果があるのですが、汗対策、角質ケア対策はできません

 

ここで紹介するデオドラントクリーム「ノーノースメル」は、

  • 殺菌:悪玉菌を減らす
  • 抗菌:菌の繁殖を抑える
  • 防臭:ニオイを対策

と、3つの対策をすべて行うことができます。

 

安心・安全の「薬用」商品で、使用して効果を感じられなかったら「全額返金保証制度」もあります。

 

石鹸とデオドラントクリームを併用することで、「何をやってもお手上げだった」のが、「いつでもどこでも気にせず靴を脱げる」ようになります。

 

女性用

足の臭いを消す石鹸でも洗いすぎると、足が臭くなる

 

足の洗いすぎは足の臭いに逆効果!

 

足を洗いすぎると、皮膚の抵抗力が低下し、悪臭の原因となる雑菌が繁殖しやすくなります。

 

結果、余計に足の臭いがキツクなってしまいます。
足の雑菌はシャワーを浴びるだけで約80%は洗い流すことができます。

 

しかし、足をゴシゴシあらうことで雑菌(皮膚常在菌)の99%が洗い流されてしまいます。

 

99%の雑菌がいなくなったことで皮膚を守る善玉菌もいなくなることから「黄色ブドウ球菌」がここぞとばかりに繁殖し、さらに足が臭うようになるのです。

 

また、足はかかとなどは特に角質ができやすく古い角質がたまりやすい特徴があります。

 

角質はたんぱく質なので普通の石鹸では落とすことができません。

 

昔から角質を取り除く方法としては軽石ややすりで擦るという方法がありましたが、
やりすぎると皮膚を傷めたり、皮膚が刺激されることでさらに角質ができやすなるという悪循環になるというケースもあります。

 

そのため、足を洗う時には古い角質や皮脂を洗い流してくれる石鹸を使用することで、
皮膚に刺激を与えない方法で洗い流すことが大事です。

 

古い角質は慌てないで、毎日少しづつ石鹸を使って落としていくのがベストです。

 

市販の消臭力が高いと説明されている石鹸やボディソープは確かに洗った直後は臭いは消えるのですが、
古い角質や皮脂が洗い流されていないために、5時間、10時間もするとまた足が臭くなってくるのです。

子供の足が臭い時でも大人用の消臭剤は使わない

大人用の消臭剤は使わないでください。
薬剤師さんも成分がきついので使わない方が良いと言っています。

大人用の足の消臭剤は数多く用意されています。
大人用を子供に使えば即効性がありそうなイメージですが、子供にとっては成分が強すぎるケースもあります。

 

特に香り付きの消臭スプレーは逆に汗と香りが混じってひどいことになってしまいます。

 

また、足に直接塗ったりするクリームやスプレーは成分がきついので、
場合によっては、皮膚炎を起こすか、体がまだ未熟なので何かアレルギー的な要素を誘発することも考えられます。

 

例えば市販されている消臭スプレーで有名な花王のエイトフォー(8×4)フットスプレーがあります。

 

確かに瞬発力がある消臭効果はあるのですが、注意書きにも
「肌の近くで長時間スプレーすると皮膚が「低温やけど」を起こす可能性がある」
と書かかれています。

 

さらには、エイトフォーを噴霧した足に直射日光が当たることで赤み、はれ、かゆみ、刺激、色抜け(白斑等)や黒ずみ等の異常が起こることもあるようです。

 

肌に優しい成分配合の製品もあるのですが、足に直接スプレーしたり、塗ったりするデオドラント商品はお子さんには使用しないようにしてください。

 

足の臭い対策に効果的といわれるミョウバン水でも、皮膚が弱い人は肌荒れを起こす事もあるので注意しましょう。とただし書きが書かれています。

子供の足が臭い時の対策は石鹸だけでなく総合的な対処が必要

子供の足が臭い時は、足はもちろんですが靴から靴下も殺菌、消臭しないと消えません。

 

重曹や、足のニオイ専用の石鹸を使用して洗った時にはニオイはしなくなるのですが、
靴に足の臭い菌が蓄積していると靴を履いたらスグに匂い始めます。

 

子供の足が臭い時は、足と靴、靴下の消臭・殺菌を並行して行わないと効果は出にくいです。

子供の足が臭い:靴下対策

子供の足が臭い

靴下は足の指と指の間の汗を除いた汗を吸い取ってくれます。

吸い取られた汗は線維の中で雑菌の栄養となり菌が繁殖します。

 

密封の中で、雑菌が繁殖されるので靴下が臭わない方が不思議です。
子供の足は栄養が豊富なので臭いもきつくなります。

 

そんな靴下の一番の臭い対策は靴下を履き替えることです。
1日に何回も履き替える事が理想ですが、お子さんが小さいほど嫌がりますよね。

 

そんな時には消臭靴下か、子供の履きなれている靴下を消臭靴下にする方法もあります。

靴下の消臭

消臭靴下は近年、速乾力も消臭力も高品質な製品が開発されていますが、
残念ながら大人向けでお子さんにあうサイズが販売されていません。

 

足のサイズが男性25cm〜、女性23cm〜なら揃っていますので良ければチェックしてみて下さい。

 

【関連記事】:消臭靴下 比較

 

サイズが合わないお子さんには、

  • 日本紡績検査協会
  • ファンケル中央研究所
  • 北里研究所

などの公的機関で検査結果・消臭効果&安全性が確認されている「ヌーラ」を使って靴下を消臭靴下に変えることができます。

 

「ヌーラ」は朝スプレーーすれば1日中効果が持続し、効果も足の臭い成分である「イソ吉草酸」を98%消臭することができます。

 

「ヌーラ」プロの現場でもあるボーリング場などでも使われる「モルドクラッシュ」が配合されています。

 

子供の足の臭いを解消 お子さんでも大丈夫、直接スプレーしないイオン消臭!

靴を履く時には必ず靴下を履かせる。

素足のままで靴を履いたりすると、汗や垢(角質)が靴の中に直接移り、靴全体が臭うようになります。

 

家に帰った時には、靴を脱ぐと同時に靴下も脱ぎ、足を洗って清潔なタオルで水分をよく拭きとり完全に乾燥させます。

 

遊びや習い事に出かける時には、必ず靴下を履き替えさせてください。

 

素材も厚手のナイロン素材はNGで、コットンやメッシュ素材で吸湿性、速乾性、通気性に優れた材質を選びます。

子供の足が臭い:靴対策

靴も靴下同様に汗をたっぷりと吸い込みますが靴下と違って毎日洗われることはありません。
運動靴でも洗おうと思えば洗えるのですが、毎日洗えるかというとなかなか大変です。

 

不思議ですね。
最も雑菌が喜ぶ靴が毎日洗う習慣がないのですから。

 

子供の足が臭い

できたら毎日、同じ靴は履かないようにして交代で洗うか陰干しで乾かすかしたいです。

 

子供は成長が早いので、同じサイスの靴を購入するということが少なく、また子供はお気に入りの靴を毎日でも履こうとします。

 

そのために、何週間も洗うことができず、汗や雑菌が靴の中に溜まり続けることで足が臭う原因になります。

 

お子さんの靴は、こまめに洗うか、子供の靴が1種類しかない場合は、洗って乾くまでに履く靴が無くなってしまうので、同じサイズの靴を2つは購入して交互に履くことが大事です。

 

しかし、お気に入りの靴とか、毎日履かなければならない靴ならば、靴を脱いだ時に雑菌対策をしましょう。

靴の消臭

せっかく足をきれいにしても、靴が臭っていると靴を履くたびに足に臭いが移ります。

 

逆に靴が消臭されていて、さらに足にも消臭効果があるとしたらもう足の臭いを心配することはありません。

 

布製のスニーカーならファブリーズでも消臭することができますが、臭いの元は除去されずに残っています。
本革や合成皮革には効果がありません。

 

【関連記事】ファブリーズの効果

 

実はファブリーズよりもコスパがよく、スニーカーから本革や合成皮革などなんでもOKの靴消臭パウダーがあるんです。

 

靴の消臭パウダーでは、ニュージーランド製のグランズレメディが有名ですが、
この消臭パウダーは天然成分が配合されたパウダーで管理体制がしっかりした安心安全な国内工場で製造されているので
お子さんにも安心して使うことができます。

 

効果は半年間持続するすごい消臭力です。
国内販売では楽天ランキング1位で、グランズレメディよりも売れています。

 

価格もグランズレメディよりお値打ちです。

 

フットクリア 評判・口コミ フットクリア公式サイト

 

足の臭いを消すのにボディソープが石鹸より良くない5つの理由

理由1:保湿剤が含まれている

ボディソープには保湿剤が入っています。

 

足が臭う原因は、足汗が角質や皮脂と混じり合い、それを皮膚常在菌が栄養分として分解するときに臭いを発生させます。

 

ですので、足の臭いを抑制するには足汗を抑える必要があります。
足は汗腺が多く汗を他の部位よりも、ただでさえ多く発汗する場所です。

 

できれば少し乾燥させたいぐらいなのです。
ですから、保湿成分が含まれるボディソープは足の洗浄には向いていないのです。

 

ボディソープは身体を洗う時には泡立ちも良く、使いやすいのですが、足の洗浄には向いていません。

理由2:角質除去成分が含まれていない。

足は全体重がのしかかり足の裏の角質も厚く固くなりがちです。

 

ボディソープには石鹸程の角質除去成分は含まれていないので、足の裏の角質を十分に落としきることができません。

 

洗浄力の強い石鹸は、固くなった角質を柔らかくし落としやすくしてくれます。
ボディソープは、雑菌のエサになる角質が蓄積されやすく繁殖を促進させる原因にもなります。

理由3:洗浄力が弱い

固形石鹸とボディソープでは主成分が違います。
固形石鹸の主成分は脂肪酸ナトリウムで、ボディソープは脂肪酸カリウムです。

 

洗浄力では石鹸の脂肪酸ナトリウムの方が勝っています。

理由4:液体石鹸(ボディソープ)は水分が多い

液体石鹸(ボディソープ)は、水分が少ないと固まってしまうので仕方がないのですが、

 

成分の約70%が水分です。

 

ですので成分が凝縮されている固形石鹸の方が洗浄力が高くなるのです。

理由5:固形石鹸はコスパが良い

液体石鹸や固形石鹸のどちらにも言えることで、成分によって値段は変わってくるのですが、

 

固形石鹸の方が同じ容量でも泡立てて使うので、何回もプッシュする必要がある液体石鹸よりも基本的にコスパはいいです。

子供の足が臭い:いじめ対象

子供の足が臭うのは深刻な問題です。

 

子供の足が臭い

昔であれば、皆同じと気にする事もなかったのですが、現代社会では「いじめ」の対象になってしまいます。

 

他の子供も親が「いじめ」にあってはいけないと気を使っているので、色々な対策を取ることで子供の足の臭いを防いでいます。

 

もし、あなたの子供だけが足の臭い対策を取っていなかったら、「いじめ」の対象になる可能性があります。

「いじめ」の種類

  • 「足クサ」とか足が臭いことにからんだあだ名をつけられる。
  • 上履きが何かあると罰ゲームに使われる
  • 靴が臭うからとゴミ箱に捨てられる。
  • 同じ部活の子からも「臭い」と避けられる

などなど沢山の事例があります。

 

ここでは、子供の足が臭う原因や、お子さん向けの足の臭い対策を色々紹介しているので、参考にしてみて下さい。

 

あなたのお子さんが足の臭いが原因で「いじめ」にあってからでは遅いですよ。

子供の足が臭い原因

1メートル離れていても、フローリングや畳の上を歩いていても、お風呂あがりでもとにかく臭うお子様はいます。
自分の子供だけれど、そばにいるだけで生臭いというか・・・オエって感じ。

 

足を洗っても洗っても鼻に臭いがついてしまう。
あなたの家庭ではファブリーズの消費量がものすごくありませんか?

 

子どもの足は、どうしてあんなに臭いのでしょうか?
毎日、風呂に入っているのに臭うのはたまりませんね。

 

子供の足が臭う原因は3つあります。

子供の足が臭い

  • 素足が臭う
  • 靴下が臭う
  • 靴が臭う

以上の3つの原因は、大人でも同じなのですが、子供だけの特徴もあります。

 

それは子供は新陳代謝が活発なので汗もよくかくし足の皮なども、どんどん生まれ変わるため皮脂などの雑菌の栄養が豊富にあるということです。

 

(足の裏には皮脂線はありませんが、指の間には皮脂線があります。)

 

また、活発に動き回り汗をかきやすくなっていることも原因です。

子供の足が大人の足よりも臭う具体的な原因

大きな原因は2つです。

  • 新陳代謝が活発で汗をかきやすい
  • ターンオーバーがスムーズで皮脂が出やすい。

*ターンオーバー:表皮の新陳代謝、生まれ変わりの事をいいます。

 

菌にとって天国なのが子どもの足なのです。
子供は靴を洗っても、すぐに汚したりして臭くなってしまいます。

 

足が臭うのは汗が足の皮脂や角質(垢)と結びつき、足に常在する雑菌の栄養源となり分解される時に雑菌が吐き出す老廃物が臭いの元を作り出すからです。

子供は身体は小さいですが汗がでる汗腺の数は大人と一緒だけあります。

 

そして子供は体温も高く、新陳代謝が激しく、体力の消費が多いです。

 

そのため体を冷やすために汗が多く分泌されます。

 

あまりの足の臭さと汗の量に、「うちの子供は病気かもしれない!?」と心配するお母さんもいますが、悩まなくても大丈夫です。

 

大人なら甲状腺機能症や精神的発汗が考えられることもありますが、お子さんの汗の量が多いのは成長の証です。

子供の足が臭い:小学生の場合

小学生の子供って、気に入った同じ靴を履きたがります。
ですので靴を洗うにしても学校が休みの週末にしか洗うことができません。

 

上靴も同じですが、週末に持ち帰る事を忘れると、2週間以上そのままという事もあります。

 

それと、風呂には毎日入っても足の洗い方がよくないので、爪の間によく垢が溜まった状態になっています。

 

子供の足が臭い

これでは、足が臭うはずです。

 

対策としては、同じ靴や上靴を数足用意しておいて毎日、履き替えるのがよいのはわかっていても、成長が早いので買い換えの出費が大変です。

 

そんな小学生の足の臭いを解消する対策としては、いろいろあるのですが、大人のように小まめに臭い対策として足にクリームを塗ることは面倒くさがって長続きしません。

 

それで、毎朝通学前にできることを紹介します。
1つは靴下を臭わなくすることです。

 

靴下の消臭というとファブリーズを思い浮かべますが、確かにファブリーズで靴下や布製のスニーカーは消臭できます。

 

しかし、ニオイの元は除去されず残っているのです。
ファブリーズについては、こちらで詳しく説明しているのでご覧ください。

 

⇒足の臭いファブリーズで解決できる?

 

臭わない消臭靴下は、売っていますがなかなか子供に合うものは少なく、子供も気にいった靴下しか履いてくれないので難しそうですが、イオン消臭スプレー「ヌーラ」を使うことで、

 

子供のお気に入りの靴下も消臭靴下に変えてくれます。

 

肌に触れても、口に入っても安全な成分で作られているので、小学生のお子さんの足の臭い対策にもってこいです。

 

もう一つは、靴自体を消臭する方法です。
市販の消臭スプレーは、マスキング方式(別の臭いをかぶせてごまかす)か、消臭効果が長続きしないのがほとんどですが、

 

「フットクリア」なら効果が1日長持ちし、一度臭いが消えたら約半年間は消臭効果が持続するという優れものです。

 

ただ、白いパウダー状なので白い靴下以外の時には、靴下に白い粉が目立つことがあります。

 

白い粉は時間経過で汗や湿気によって消えるのですが、それまでに少し時間がかかります。

子供の足が臭い:中学生の場合

子供の足が臭い

中学生になると、行動範囲も広がり運動量も大人顔負けになってきます。

 

小学生の子供と同じで、学校での上靴が足の臭いの主な原因です。
せめて1週間に1回、最低でも1ヶ月に1回は洗いたいものです。

 

臭いが染み込んでいる場合は、洗っても臭いは消えないので、そんな時は重曹水に漬け込むようにしてみてください。

 

1時間ぐらい浸けこむだけで臭いは消えます。

 

中学生は部活も始まるので運動系の部活動をしている子供は要注意です。

 

部活シューズは、○○モデルなど高価なシューズが多いので、複数用意するというのもなかなかできるものではありません。

 

そして毎日の練習で履きつづけているのでシューズの中は雑菌がいっぱいです。
部活が休みの時には、必ず持ち帰り消毒、乾燥させたいものです。

 

また、女性はまだ慣れない月経の痛みがストレスになることで足汗が増え足が臭くなってしまうことがあります。

 

子供の足が臭い

これは男女共通ですが、行動範囲も広がることでジャンクフードを食べる機会も増えます。

 

刺激臭の強い食事や、唐揚げ、餃子など偏った食事の栄養素は、汗とともに排出され体臭の原因となります。

 

足は特に汗腺が集中しているので、足の臭いが強くなります。
こんな中学生には、バランスの取れた食事を親が管理してあげなければいけません。

 

足の臭い対策としては、小学生の足の臭い対策と同じですが、靴下への消臭なら「ヌーラ」

 

靴の消臭なら「フットクリア」がもっとも効果的な足の臭い対策です。

子供の足が臭い対策:習慣

お子さんが靴を履く時には、必ず靴下を履かせるように習慣化しましょう。

 

靴下を履かないで靴を履いてしまうと、素足から出た皮脂や汗、角質が直接靴に移ってしまいます。

 

靴はなかなか洗うことができないので、靴が足の臭いの悪臭の温床になってしまいます。
その点、靴下は毎日洗濯ができます。

 

靴下に、皮脂や汗、角質を吸わせることで、お子さんの足の臭いが悪化するのを抑制することができます。

 

お子さんが帰宅したら、靴を脱ぐと同時に靴下も脱がさせます。
そして、すぐに足も洗わせてください。

 

そのまま、自宅にいる時は湿気がこもらないように素足でもOKです。

 

一旦、帰宅後、塾などに出かける時には靴下を履き替えます。
出来れば、その時も靴を履きかえるようにしてください。

靴下は洗って臭いが消えたと思っても、履いていると臭いが復活してくることがあります。
臭いが移った靴下は、重曹水か「ヌーラ」でしっかりと臭いを取り除く必要があります。

子供の足が臭い原因:病気

これまでに紹介した方法をいろいろ試してみたけれど効果が感じられなかったというお子さんは、

 

病気の可能性が考えられます。

水虫

水虫というと成人した男性というイメージがありますが、家族に水虫がの方がいる場合は感染している可能性があります。

 

水虫の症状が見られるときは、皮膚科に相談しましょう。

多汗症

遺伝や精神的なストレスから多汗症を発症することがあります。

 

子供の頃から発症するということも決して珍しくありません。

 

気温が高いわけでもなく、運動もしていないのに汗をかく症状が見られたら、こちらも一度専門医に相談する事をおすすめします。

子供の足が臭い原因:遺伝<

お父さんも足が臭い、子供も足が臭いと遺伝と思われるかもしれませんが、足の臭いは遺伝しません。

 

親子が同じように足が臭うのは、きっと生活環境のせいです。

 

ただ、ワキガが臭うのは遺伝が関係すると言われています。

 

家系にワキガの人がいれば、高確率で遺伝すると言われています。

 

子供の足が臭いのは、生活環境によるものなので、逆にいえば適切な対処をすることで、お子さん足の臭いは改善されます。

考えられる遺伝的要因

足の臭いは遺伝しませんが、多汗症は遺伝する可能性があります。

 

多汗症だと、発汗量が普通の人より多く、足が蒸れやすく臭いも強くなる傾向があります。
また、水虫に感染しやすい体質も遺伝すると言われています。

 

それほど、熱くないのに汗を多くかいたり、日常的に汗っかきなら多汗症の心配もあります。

 

そんなお子さんは、まず皮膚科で診察を受けることをおすすめします。

 

足が臭いのを治す方法:TOPページ