足の臭い消すクリームがスプレーよりも良い理由

足が匂う人

足の臭いを消す塗り薬にクリームがありますが、足の臭いを消す消臭剤は、クリームよりもスプレータイプが多いんですよね。

 

でも、足の臭いを予防したりニオイを消すには、スプレータイプより、クリームタイプの方がいいんです。

 

どうしてか理由を説明しますね。

 

まず、足が匂う原因は、汗や湿気、雑菌だと思っている人が多いのですが、
確かにそれは正しいのですが、制汗成分や殺菌成分ばかりだと、肌にダメージを与えすぎて肌を乾燥させてしまうんです。

 

すると、どんな現象が起きるかというと、脳がこれ以上乾燥させないようにと、肌を守るための汗や皮脂を多く出すように指示を出すのです。

 

足の臭いスプレーのデメリット

 

つまり、良かれと思ったことが肌の乾燥を招き、大量の皮脂が分泌されることでニオイの原因を作ってしまうのです。

 

制汗スプレーが、足を乾燥させることで、さらに菌が繁殖しやすい環境を作っていたのです。

 

制汗スプレーが足の臭いに効果的と思ってやってきたことが、足のニオイを促進する負のループを作り出していたのです。

 

これは、お顔を洗浄しすぎることで、乾燥肌を招き、より皮脂の分泌を増やしてしまい角栓の詰まり、黒ずみ、ニキビ、肌荒れなどを引き起こすのと同じ原理ですね。

 

さらには、足の皮膚を乾燥させすぎると、かかとがひび割れたりガサガサになることもあります。

 

つまりは、モワッと臭う足のニオイ消臭には、菌を殺しながらも、たっぷりと保湿をすることがとても大事なのです。

 

クリームなら防臭、殺菌をしながら保湿することもできるのです。

 

それが、足の臭い解消法がスプレーよりもクリームが良い理由です。

 

まだ他にも、足の臭いクリームが優れている点がいくつかあります。

クリームのメリット

  • 効果が持続する
  • 指の間、爪の周りなど細かいところまで塗ることができる
  • ムラなく塗ることができる

スプレーのデメリット

  • 効果が持続しない
  • 放射状にスプレーされるために、液が無駄になる
  • 細かい部分が塗りずらい
  • ニオイを香料でごまかす商品もある

制汗スプレーではエイトフォー(8×4)が有名ですが、凍傷の心配があったり、長期的な使用は肌荒れをおこすと注意書きにも書かれています。
【関連記事】
>>エイトフォー(8×4)の効果

足の臭い対策で、ミョウバン、重曹、消臭スプレーなど、色々試してみたけれど効果がなかったという方は、足の臭いを消す薬用クリームの使用がおすすめです。

 

クリームは消臭スプレーと違い一時的な効果ではなく、肌への密着性が高く持続性もあることから、足のニオイ物質に効率的に働きかけることができるので、足の消臭には高い効果が期待できるからです。

 

足のニオイの相談で病院に行っても、処方されるのは抗菌系クリームです。

 

これらの点から、あなたが足の臭いを何とかしようと真剣に考えているのなら、スプレーよりもクリームをおすすめします。

足の臭いクリーム3選

足の臭いクリーム3選

 

足の臭い消臭剤は多いのですが、意外とクリームタイプが少ないんです。

 

市販でも、これといったものがありません。
長年、通販で人気なのが次の3商品です。

  • ティノン
  • ノーノースメル
  • クリアネオ

この3商品を価格、効果、成分など比較してみました。

【価格】

ティノン(税別) ノーノースメル(税別) クリアネオ(税込)
定価 3,480円

+300円(送料)

3,300円

+426円(送料)

6,580円
定期便 1,980円(初回)

3,230円(2回目以降)

2,970円

(10%オフコース)

4,980円

(37%オフ)

定期縛り 3回 縛りなし

10%オフコース

縛りなし
使用期間 約1ヶ月 約1ヶ月 約1ヶ月
1日当りコスト  66円(初回)

108円(2回目以降)

 99円

(10%オフコース)

166円
全額返金保証 60日間 25日間 無期限

【効能・成分】

ティノン ノーノースメル クリアネオ
効果 殺菌・保湿・美容 防臭・制汗・殺菌・角質ケア 防臭・制汗・殺菌・保湿・肌荒れ防止
医薬部外品(薬用)

無添加・無香料 香料・着色料、タール系色素・石油系界面活性剤・パラペン・紫外線吸収剤・四足動物由来成分・フェノキシエタノール 香料・タール系色素・石油系界面活性剤・パラペン・紫外線吸収剤・鉱物油
主な成分 イソプロピルメチルフェノール、スクワラン、ビタミンC、イソフラボン、天然植物エキス イソプロピルメチルフェノール、柿タンニン、植物成分 イソプロピルメチルフェノール、パラフェノールスルホン酸亜鉛、柿渋エキス、天然植物エキス、美肌サポート成分

足の臭いクリームですが、デオシークのようにクリームとボディソープ、サプリメントをセットにすることで、より効果を高める販売方法を取っている商品もあります。

足の臭いクリームおすすめ3選

選考基準

ここで紹介する商品は、いずれも医薬部外品である薬用クリームで効果は保証でき、
もし効果を実感できなければ全額返金保証もある製品ばかりです。

 

薬用クリームであることや返金保証も同じですので、選ぶ基準は販売実績、商品価格と割引購入でも定期コースの縛りがあるかないかで判断しました。

 

定期コースの縛りがあると、最初は安くでも途中で解約したくても解約できなかったり、無理に解約すると解約金や違約金を取られたりして結局高いものについてしまうからです。

気をつけてほしいのが、ここで紹介している商品ではないですが、
公式サイトに「お休み・中止はいつでもOK」と書いてある商品です。

 

お休み・中止は一時的に止めるだけなので、解約にはなりませんので注意が必要です。

 

必ず「定期回数の縛りなし」「1回で解約できる」などの言葉が使われているか確認してください。

クリアネオ

モンドセレクション銀賞受賞 クリアネオクリーム

  • 定期価格(税込)4,980円
  • 通常価格(税込)6,580円
  • 医薬部外品

ワキガクリームとしても知名度が高いですね。

 

ワキ、足、デリケートゾーン等にも使用予定の方は2本セットの購入をお勧めします。

 

累計販売数が150万本を突破した人気商品です。

 

解約はWEBからではなく、電話でしか受け付けていません。
使用何日後でも返金OKの永久保証制度があります。

 

【関連記事】 クリアネオ口コミ

 

足の臭いクリーム

ノーノースメル

足の臭いクリーム

  • 定期価格(税別)2,970円(10%オフコース)
  • 通常価格(税別)3,300円
  • 医薬部外品

定期購入の割引率は少ないですが、3商品の中で最安値です。

 

1個全部使いきっても、効果を感じなければ商品が到着して25日以内なら全額返金してくれます。

 

販売会社が安心・信頼できる東証一部上場企業。
防臭、制汗、殺菌だけでなく角質ケアもできます。

 

【関連記事】 ノーノースメル口コミ

 

ノーノースメル公式サイト

ティノン

足の臭い消すクリーム

  • 通常価格

    3,480円+送料300円

  • 集中ケアコース

    初回:1,980円(税別・送料無料)
    2回目以降:3,230円(税別・送料無料)

  • 定期縛り:3回
  • 60日間返金保証

足のニオイクリーム

デオシーク:番外

デオシーク

★定価

  • デオシーククリーム単品購入:10,978円(税込)
  • ボディソープ単品購入:5,478円(税込)
  • サプリメント単品購入:5,478円(税込)

★クリーム+ボディソープ+サプリメントのセット定期コース

  • 1回目:6,028円(税込・送料無料)
  • 2〜3回目:7,128円(税込・送料無料)
  • 4〜6回目:6,798円(税込・送料無料)

永久返金保証付き
購入回数の縛りはありません。

  • 永久返金保証付き
  • 購入回数の縛りはありません。

足の臭いクリーム

足の臭いクリームは通販がいいか?薬局の市販品がいいか?

足の臭いクリームは、市販、通販も含めてとても少ないです。

 

よく見かけるのはワキガも含め体臭全般を消臭するクリームです。
果たして、体臭全般を消臭するクリームで足の臭いはしっかり消臭できるのでしょうか?

 

ワキガと足汗は汗が発汗される汗腺は違うのですが、どちらも皮膚表面に常在する雑菌が汗と皮脂、角質を栄養源として繁殖することによって臭いが発生する原因は同じです。

 

ですので、汗を抑え雑菌を減らすことができれば、足の臭いにもワキガにも効果はあるので問題はありません。

 

【関連記事】
>>ワキガと足の臭いの関係

 

では、市販品と通販ではどちらが良いか?と言うことですが、

 

足の臭いクリーム

 

市販品のクリームと通販のクリームを比較すると大きく違うのは価格と持続力です。

 

市販品のデオドラント商品は有名な製薬会社が販売しているのがほとんどですが、どちらかというと、一般向けするように成分も抑えられ香りをつけて誤魔化している感じの商品が多く見られます。

 

通販の商品は少し割高ではありますが「医薬部外品」がメインで効果が期待できる製品が多いです。

 

足の臭いを消すための成分がより多く配合されているので持続力があり使用頻度も少なくなります。

 

トータル的に考えれば少ない量で長時間の効果が期待できる通販品がお得になると考えられます。

 

足の臭いに悩んでいる方の中には、通販はいから市販品を検討している方もいると思いますが、

 

早く確実に足の臭いを取り除いて、毎日が快適な生活を送るのなら、少々高くても効果が高く持続する通販の消臭クリームがおすすめです。

 

また、通販品では多くの商品で全額返金制度を取り入れているので、
効果が感じられなくても無駄銭になることがありません。

 

足の臭いクリームの選び方4つのポイント

足の臭いは「殺菌」「制汗」「抑臭」に「角質ケア」成分が含まれていることでバランスよくケアすることができます。

殺菌成分

足の臭いの元になる「イソ吉草酸」や「皮膚常在の悪玉菌」を殺菌する成分「イソプロピルメチルフェノール」が配合されているか?

 

制汗成分

汗をかくことで靴の蒸れにつながり皮膚常在菌の繁殖を招きます。
汗を防ぐ制汗成分「パラフェノールスルホン酸亜鉛」が配合されているか?

 

抑臭成分

「イソ吉草酸」などの足の臭い成分を抑制することができる「柿渋エキス柿タンニン、海藻、シルク、重曹、炭酸ナトリウム、クエン酸Na」等が配合されているか?

 

角質ケア

足の裏から角質が垢となって剥がれ落ち、垢が悪玉菌の栄養源となり繁殖することで足の臭いの原因となります。

足の臭いクリーム:使い方

高価なクリームも使い方を間違えると十分な効果を発揮できない可能性があります。
改めて足の臭い対策クリームの正しい使い方を確認しておきましょう。

クリームを使う時の注意点

足を洗って清潔にする

足の臭いクリームを塗るときには、足の汚れや汗をしっかり洗い流し清潔にしておきます。

 

外出先での使用で足が洗えない時は、ウエットティッシュなどで汚れや汗を拭きとります。

足を拭いてから使う

足が濡れていたり汗で湿った状態では、十分な効果を発揮することができません。
クリームを塗るときには、足は清潔な状態で湿気を拭き取ってから塗るようにしましょう。

 

足指の間は湿気がこもりやすいのでよくチェックしてください。

足の指の間、足裏を万遍なく塗る

足裏を塗るときに塗り残しがないように満遍なく塗りましょう。
忘れがちなのが指と指の間です。

 

足指の間は蒸れやすく、かかとにはない皮脂腺が足指にはあります。
足指の間も忘れずにクリームを塗るようにしてください。

足の臭いを消すクリーム記事一覧

ノーノースメルの評判は、公式サイトの口コミやネット上の口コミよりも、実際に購入した人が投稿しているAmazon、楽天、@COSMEのレビューを見るのが一番です。ノーノースメルの販売当初は、公式サイトからのWEB注文受付が100%でした。そのため、ノーノースメルの評判をAmazonや楽天、@COSMEの口コミでチェックすることができませんでしたが、現在では、販売元の北の達人コーポレーションやドラッグ...