足が臭くならない靴 レディース

足が臭くならない靴 レディース

靴は長く履き続けていると、どうしても臭ってきます。

 

靴を何足も持っていて、毎日履き替えることができて靴を2〜3日休ませることができれば、靴の臭いはグッと抑えることができます。

 

でも、靴をそう何足も持つということは経済的にも厳しいですよね。

 

しかし、しまむらの税込900円シューズなら何足も持つことができますよ。

 

とても900円とは思えない程、見た目も履き心地も最高です。

 

今は、バレエシューズ、マニッシュシューズ、カラーパンプの品揃えがあります。

 

足が臭くならない靴

 

消臭スプレー、念を入れた足洗いなどに神経を集中することなく、しまむらの900円シューズなら、ファッションも楽しめるしお薦めです。

 

でも、お気に入りの靴などやっぱり毎日でも履きたいですよね?

 

じゃあ、あなたのお気に入りの靴を臭わない靴に変身させてしまいましょうか?

 

「足が臭わない靴を自分で作れることができる!」と言ったら信用します?

 

でも作れてしまうんです。

 

これで、お気に入りの靴を毎日は履き続けても、靴の臭いも足の臭いも悩むことが無くなります。

 

このページの目次

足が臭くならない靴を作れます。

足が臭くならない靴 レディース

残念ですが一般に販売されている靴で、足が臭くなりにくい靴はありますが、
足が臭くならない靴 メンズ、足が臭くならない靴 レディースはありません。

 

でも安心してください、

 

あなたが今履いている靴を、足が臭くならない靴に変えることができます。

 

とても簡単な方法であなたの靴をメンズ、レディース問わず臭わなくすることができるんです。

 

新品の靴はもちろん、長年履き続けているお気に入りの靴も臭わなくすることができます。

 

靴が臭わなくなれば、足が臭くなることもありません。

 

こんな種類の靴を足が臭くならない靴に変えることができます。

上履き、スニーカー、皮靴、スノーボードシューズ、長靴、ブーツ、サンダル、パンプス、ミュール、バレエシューズ、ボルダリングシューズ、安全靴などすべて消臭することができます。

足が臭くならない靴

痛みの心配もないので高級な靴もOK。

足が臭くならない靴

寒い時期に履く機会の多い「ロングブーツ」「ムートンブーツ」。

足が臭くならない靴

 

 

靴に一度染み付いたニオイは取れないので、新しい靴を買うしかないと思っていませんか?

 

大丈夫です、靴に染み付いたニオイを除去する方法を紹介します。

 

あなたの靴がたった数秒で臭わなくなります。

ご存じのように足が臭うのは靴の通気性が悪いことによる靴の中の蒸れが原因です。

 

つまり、靴が臭わないようにするには通気性が良い靴を選ぶことが足の臭いを軽減する方法の第1歩ですが、
その靴にある事をするだけであなたの靴は臭わなくなるんです。

 

しかも軽減という程度ではなく、全くといっていいほど臭わなくなります。

 

足が臭くならない靴を自分で作る

足が臭くならない靴は、この方法で簡単にできあがります。
足が臭くならない靴を作る方法は3通りあります。

 

パウダーを使用する方法と、スプレーを使用する方法、
そしてもう一つ靴脱臭機・乾燥機を使う方法です。

 

どちらも消臭効果は保証しますが一長一短があります。

パウダーは効果が約半年間も継続しますが、速効性はなく完全に靴の匂いが消えるには
早いケースで数時間で消える場合もありますが、平均で約1週間かかります。

 

そして白い粉状なのでダーク系の靴下を履いているときは、パウダーが馴染むまで白さが目立つことがあります。

 

もうひとつのスプレーですが、速効性があるので急なお座敷などでもサッとスプレーすれば素早く靴の匂いを消してくれます。

 

ボーリング場などプロの現場でも使われている成分が配合されていて、
消臭だけでなく除菌・防カビ効果もあるので靴を清潔に保ち長続きさせてくれます。

 

高速ジェットノズルで靴やブーツの奥までしっかり届きます。
細かい噴霧なので素早く乾きます。

 

カバンに忍ばせる携帯用も用意されているので便利です。
ただ、パウダーのように効果は長くなく1日の効果に限定されます。

 

パウダー

実際に業界でも魔法のパウダーと呼ばれている凄い効き目がある消臭剤があるんです。

 

この消臭剤を新品の時から使用すれば、靴が臭うことはまずありません。
ということは、靴から臭いが移って足が臭くなるという事もありません。

 

もう一つ、良いことは靴が臭わないばかりか靴下も臭うことがないのです。

 

新品の靴だけでなく、すでに履き続けて臭いがこもっているような靴でも、
この魔法のパウダーを使用することで、早ければ数時間で遅くても1週間もすれば臭いは消滅します。

 

しかも、一度臭いが消えたら効果は約半年継続するので、経済的だし手間がかかりません。

 

もう、これからは靴を脱いだ時に、「モワ〜」と臭いニオイが立ち込める悪臭がこもった靴に悩まされることは無くなります。

 

あなたの靴が臭わなくなる方法は簡単です。

 

魔法の消臭パウダーを靴の中にふりかけるだけです。

足が臭くならない靴

そう、たったこれだけであなたの靴は臭わなくなります。

 

しかも、靴だけではなくあなたの足の臭いも解消されるんです。

 

凄すぎますよね。
まさに魔法の消臭パウダーです。

 

足が臭くならない靴

 

効果も半年間継続するので、なおビックリです。

 

使い心地もパウダーなので、ベタつかずサラサラです。
消臭クリームや中敷きを変えるなど、面倒な作業をする必要もありません。

 

その商品は「フットクリア」というのですが、テレビや雑誌など、数多くのメディアにも取り上げられているので、名前だけでも聞いたことがあるかもしれませんね。

 

足が臭くならない靴

今ならWEB限定申し込みで、1,000円OFFの送料無料で購入することができます。

 

全額返金保証が付いているので、信頼度100%の商品です。

 

靴が臭わなくなるのには、1回の使用でOKな時もあるし、3〜7日ほどかかる場合もあります。

 

しかも、1度臭いが消えれば効果は約6ヶ月持続します。

 

天然成分のタルクやミョウバンなどで出来ているので、
直接肌に触れても安心です。

 

ですのでお子さん、お年寄りの履物にも安心して使用することができます。

 

今なら詰め替え用150足分プレゼントがついているので、合わせて約300足分に使えます。

 

1回の購入で、持っている全ての靴に使用でき何年も利用することができます。

 

家族全員の靴の消臭もフットクリアが1本あれば十分です。

足が臭くならない靴

フットクリア口コミ

子供の靴の臭いにずっと悩まされてきました。
家に返ってきた時に、脱ぎ捨てられた靴の臭いはヒドイものでした。
靴は浸け洗いしたり、消臭スプレーも試したのですが、全く効果がありませんでした。
フットクリアはネットで知ったのですが、朝、家を出るときに振りかけるだけで帰ってきても、鼻の近くに靴をもって来なければニオイがわからないほど臭わなくなりました。
小学校のママ友にも早速、紹介しました。

外回りの営業なので、仕事柄お客様のお宅に靴を脱いで上がり込むこともあり、いつもヒヤヒヤしていました。
インソールも入れ、靴も3足用意して毎日履き替えていたのですが、それでも靴の臭いが気になっていました。
しかし、フットクリアを使い始めたら1週間もすると1日仕事を終え帰宅しても靴の臭いはまったく気にならなくなりました。
初めは白いパウダーなので靴下の汚れが気になったのですが全く心配はいりませんでした。

旦那は仕事上、1日靴を履いているのですが仕事から帰ってきて玄関で靴を脱いだ瞬間に「モワ〜」と凄いニオイが玄関に立ち込めていました。
色々な方法を試したのですが、全然効果がなく、ネットで検索している時にフットクリアを見つけました。
使い始めて3日ぐらいで臭いが薄くなったなあと感じ始め、1週間もしたらまったく臭わなくなりました。
相乗効果なのか、靴下も臭わなくなりました。

消臭スプレー

足が臭くならない靴

ボーリング場、温泉、介護施設などのプロの現場で愛用されている業務用抗菌防カビ剤「モルドクラッシュ」が配合されています。

 

日本紡績検査協会調べで、靴のニオイの正体である「イソ吉草菌」を99.9%、「酢酸」も99.0%除去しました。

 

ずば抜けた消臭力をもっています。
もちろん安全性もしっかりと確認されています。

  • 皮膚刺激性:無し【北里環境化学センター調べ】
  • 経口毒性:無し【北里研究所調べ】

このように安全性は立証されていますが、あくまでも靴等の消臭剤なので直接皮膚にスプレーすることはできません。

 

効果に満足できなかったら全額返金保証があるので安心して試すことができます。

 

足が臭くならない靴99.9%靴を消臭するスプレー「トレンティア」

 

足が臭くならない靴

 

金を掛けないで靴を匂わなくする方法

足が臭いからと、一生懸命に足のケアをしても靴が匂えばまた足も臭くなります。

 

足が匂うから、また足のケアをする。
靴が臭いから足もまた臭いが移り臭くなる。
また足をケアする。

 

こんな不毛の循環サイクルを断ち切るためにも、足が臭くならない靴にする必要があります。

 

靴の臭いを解消する専門グッズは前述の「フットクリア」「トレンティア」がおすすめですがが、それを使わないで、つまりお金を掛けないで靴を匂わなくする方法を紹介します。

 

それでも駄目な時には、専門の消臭グッズを試してみてください。

靴が匂う原因

靴の中で臭い菌が繁殖することが原因ですが、
臭い菌が靴の中で繁殖する原因は、靴の中の湿気です。

 

靴やブーツなどは、履いた10分後には靴の中の湿度が100%になっていると言われるぐらい湿気がとても多いんです。

 

足が臭くならない靴

靴が合わなく大きかったり、きつかったりすると、靴と足の間にできた空間に湿気が溜まったり、締め付けられた足から汗がでることで、

より雑菌が繁殖しやすい状況をつくりだしているのです。

 

雑菌が繁殖する事により臭いもどんどんが発生していることになります。

 

靴の臭いを減少させるには、まず足に合った靴を履くことです。
でも、足に合った靴だからと同じ靴を毎日続けてはかない様にして下さい。

靴を休ませる

同じ靴下を毎日履きつづける事はないのに、靴は何か月も何年も洗わずに履き続けるなんておかしいと思いませんか?

 

不思議ですよね!

 

靴も靴下と同じように洗うことができればいいのですが、できません。
そのために安ませてあげることが必要なのです。

 

1日履いた後は最低3日は間をあけて靴をしっかり乾燥・除湿することが必要です。

 

足が臭くならない靴

焼肉屋で食事した時など、衣類に焼肉の臭いがつきますが、数日すると臭いは消えていますよね。

これと同じことで、靴も休ませることで臭いが放出されるのです。

 

複数靴を所有することは、長い目で見れば靴が長持ちするのでコスト的にもメリットがあります。

 

3日もあけることが出来ない場合は、履き終った後に、
靴の中に、丸めた新聞紙をいれたり、お茶がらやコーヒーの残りかすを乾燥させて布袋に詰めて靴の中にいれることで、
乾燥・除湿をする事ができます。

 

お茶がらやコーヒーを乾燥させるのが面倒くさかったら、重曹や、市販の脱臭剤、乾燥剤を入れておいてもいいです。
備長炭なども効果的です。

 

どうしても、臭いが取れない時には、丸洗いをするか、大事な高価な靴ならば靴洗い専門の
「くつりネット」で洗ってもらうのも一つの方法です。

靴の臭いを消す消臭グッズ

革靴で洗うことができなかったり、靴洗い専門に出すほど高価でもないなら、専門の消臭グッズで対策をします。

 

お薦めは前述しているパウダータイプの「フットクリア」です。

 

消臭パウダーとして有名なのがニュージーランド製品の「グランズレメディ」ですが、「フットクリア」もほとんど同じ成分配合で販売数量は圧倒的に「フットクリア」の方が多いです。
国産品ということも安心材料ですね。

 

どちらも楽天やAmazonでも販売していますが、WEB公式サイトからの方が返品保証が付いていたり、初回限定割引があったりするのでお薦めです。

 

足が臭くならない靴と靴下足が臭くならない靴と靴下「フットクリア」公式サイト

靴が匂うのは靴下が原因

靴が匂うのは、まず足が汗をかき皮脂や角質が汗に混じり、雑菌のエサになることで臭いが発生し、それが靴に移るのが原因ですが、

 

足が臭くならない靴と靴下

実は、臭いは靴下に蓄積されているんです。

靴下は汗を吸い取り、雑菌が繁殖するのも靴下の中がメインです。

 

靴下は繊維質でできているので表面積がとても広く、臭いがドンドン吸着されるんです。

 

靴が匂うのは靴下に蓄積された臭いが靴に移るからです。
つまり、靴下を無臭化することができたら靴も無臭化できるのです。

 

それじゃあ、そんな靴下があるの?
という話ですが、実は臭いを無臭化するデオル急速分解消臭靴下「デオルソックス」があるんです。

 

200人分の汗臭も、たった3分で消えるという優れものの靴下です。
極端な例ですが、靴下にオシッコがかけられても数十秒で臭いが消えてしまう程の消臭力があるのです

 

TV・ラジオ・新聞・雑誌などでも取り上げられたりして有名なのですが、
柄が無地しかないんですよね。

 

カラフルな柄がないのが残念ですが、効果は折り紙つきです。

 

使い捨てではなく、洗濯や日干しをすることで効果はまた元に復元します。
万が一、消臭力に満足がいかない時には、全額返金も受け付けています。

 

コチラの商品も楽天やAmazonでも販売していますが、初回購入者プレゼントや全額返金保証がある公式サイトからの申し込がお得です。

 

足が臭くならない靴と靴下足が臭くならない靴と靴下デオルソックス公式サイト

 

もっと、色々なデザイン、柄をお探しの時には、今、あなたが履いているお気に入りの靴下の臭いを消臭する方法もあります。

 

それは、靴下、衣類専用の消臭スプレー「ヌーラ」を使う方法です。

 

ヌーラを使用すれば、今履いているお気に入りの靴下も消臭靴下に変身させることができます。
3足1000円のお値打ちソックスでも例外なく消臭することができます。

 

市販のスプレーの消臭効果は一時的ですが、「ヌーラ」は1日中消臭効果が持続します。
もし消臭効果に満足いかなければ全額返金保証もあります。

 

「ヌーラ」の効果は、公的機関での検査結果で消臭効果&安全性が確認されています。

 

「ヌーラ」は市販のマスキング(他のニオイでごまかす)や吸着方式(活性炭や炭などにニオイを吸着させる)とは全く異なる急速イオン消臭を取り入れています。

 

ニオイ自体をイオン化結合により瞬間的に臭わない分子構造に変化させ無臭化します。

 

大容量のニオイを瞬間的に消臭することを可能にしました。

足が臭くならない靴

 

足が臭くならない靴と靴下足が臭くならない靴と靴下「ヌーラ」公式サイト

 

パンプスを消臭する方法を紹介します

パンプスの臭いが気になると、どうしてもおしゃれを楽しめなくなってしまいます。
ここで紹介している消臭対策をきちんとすることで可愛いパンプスを履きこなして、おしゃれを楽しみましょう。

パンプス 臭い 対策

毎日履いているパンプス。
夕方になるとなんだか臭っているような・・・。

 

「パンプスの臭いが人にバレたらどうしよう!」

 

こんな不安を多くの方が抱えています。

 

パンプスの臭いは女性にとっては非常に恥ずかしいし情けないです。

 

でも、結構多くの方が悩んでいるので「私だけでは」と恥ずかしがることはありません。

 

ここでは、そんなパンプスの消臭方法をご紹介します。

 

パンプスを素足で履くデメリット

夏などは特にパンプスを履くときって素足で履く人が多いですよね。

 

素足で履くと足が長く見えるしコーデも決まります。

 

足元が暑苦しく見えないというメリットもあります。

 

靴下を履くと、格好悪く見えたりスタイルが決まらないという事があるので、靴下を履く人は少ないです。

 

でもパンプスを素足で履くと靴や足が臭くなるという大きなデメリットがあるんですよね。

 

そんなあなたの悩みを解消するパンプスの消臭方法です。

 

パンプス消臭対策

お金をあまりかけない方法としては、中敷きを入れる、10円玉を使う、
重曹を使う、新聞紙を入れる、菓子袋の乾燥材を利用する、などがありますが、

 

どれも対処療法で完全にパンプスの臭いを消臭するることはできません。

 

パンプスを消臭する方法

乾燥させる

履き終えたパンプスは日干しをし消臭や殺菌、除湿をしておきます。
また数足を日替わりで履き替えることでパンプスも長持ちするようになります。

パンプスを複数用意する

1日、履き続けたパンプスは湿気がたっぷりと蓄積されています。

 

そんな状態のパンプスを毎日履きつづけていると、湿気がどんどん蓄積され細菌が繁殖をつづけます。

 

パンプスを3足以上、用意し1日履いたパンプスを休ませることで、付着した湿気や細菌も消え去り嫌な臭い成分も抜けやすくなります。

パンプスに消臭剤を入れる

パンプスを休ませている間にパンプスの中に消臭剤や乾燥剤をいれておくとより効果的です。

 

消臭剤は、茶殻やコーヒー豆のカスを電子レンジで乾燥させて適当な布袋で包みパンプスの中にいれておきます。

 

重曹をいれてもおいてもいいでしょう。

 

 

乾燥材は、菓子袋などに入っている乾燥剤でもいいですし、100円ショップで購入することもできます。
新聞紙をいれておくのもアリです。

 

10円玉が消臭・殺菌効果があると言われますが、効果があるのは周りだけで、全体に効果を出そうとしたら10円玉を隙間なく並べる必要があるので現実的ではありません。

靴除菌脱臭乾燥機

足はお風呂に入って毎日洗うし、靴下やストッキングも毎日洗った物を履いています。

 

パンプスの中は雑菌や汗、垢でイッパイです。
なのにパンプスだけ洗っていない。

 

これでは臭うはずですよね。

 

確かに毎日洗うのは難しいですが、この「靴除菌脱臭乾燥機 リフレッシューズ」なら
洗剤で洗う以上にパンプスを脱臭し乾燥、殺菌してくれます。

 

1万円以下で買えます。1台あるだけでとても重宝しますよ。

丸洗いする

パンプスって洗えないと思っている方が多いのですが、実は洗えるんです。

 

本革は専用洗剤を使う必要がありますが、以外は普通の中性洗剤で十分洗うことができます。

 

洗うことでパンプスの臭いは薄くなり、そのあとに仕上げの殺菌をすることでパンプスの消臭を完全にすることができます。

 

パンプスを洗った後に市販の逆性石鹸を水で200倍に薄めた溶液に10分浸します。

 

この仕上げをすることでパンプスの消臭はほぼ100%無臭に近づきます。

 

逆性石鹸は塩素系や酸素系の漂白剤に比べて合皮を傷める心配もありません。

 

逆性石鹸は洗浄力がないのと、汚れがあると効力が失われるので、洗剤で汚れを落としておくことが大切です。

 

洗った後は、しっかりすすいで水気を拭き取ります。

 

洗剤が残っているとシミになったり、再び臭う原因になったりするので注意してください。

 

水気を拭き取った後は、日陰干しをします。

 

早く乾かそうとドライヤーや直射日光に当てることはやめてください。
革が硬くなります。

 

乾燥するには時間がかかるので、拭き取りはしっかり行い、シューズキーパーを使うかパンプスの中に新聞紙を詰めておくと乾燥も早くなり型崩れ防止にもなります。

 

完全に乾く前にクリームを塗ることで革の良い状態を保つことができます

 

やってみると大したことはないのですが、高級な靴だと勇気が必要ですね。

 

自分で洗うのが心配なら靴洗い専門のクリーニング店もあります。

 

安い合皮のパンプスだと、中底素材が紙を圧縮したファイアーボードが使われていることがあります。

 

あまり長時間水に浸けておくことは避けるようにしてください。

 

どうしても心配な方は内側だけの拭き掃除でもOKです。

 

ぬるま湯に中性洗剤と酸素系漂白剤を入れて溶かした液に布を浸し絞った後、パンプスの内側を拭き取り自然乾燥させます。

 

布製パンプス消臭

足の臭いが発生にくそうな布製パンプスを夏用で履くことがあります。

 

でも、布製パンプスといっても通気性はいいのですが手入れを怠ると、やっぱり臭いがでるんですよね。

 

それと、汚れから黄ばみが付いてしまうこともあります。

 

そんな布製パンプスの消臭と黄ばみとり方法を紹介します。

 

まず、布製パンプスを洗濯石鹸を洗濯ブラシにつけて洗います。

 

これだけでニオイはかなり落ちます。

 

ただ、黄ばみは洗濯ブラシでこするとレース地などは痛んでしまいます。

 

布製パンプスの黄ばみをとるには、色落ちしない酸素系漂白剤を使います。

 

50〜60℃のお湯10Lに付属の計量スプーン3杯をいれた溶液に6時間漬けておきます。

 

これで布製パンプスの黄ばみはキレイにとれます。

 

パンプスの臭いを消臭パウダーで消す

パンプスを乾燥させたり、丸洗いすることが時間的にも余裕がないという方は
消臭パウダー「フットクリア」を使うことでパンプスに染み付いた匂いを消すことができます。

 

魔法の粉と呼ばれている消臭パウダーですが、フッとクリアならパンプスに染み付いた匂いを、
早ければ1日の使用で消すことができます。

 

効果がなければ全額返金保証がついているので損をすることはありませんが、せっかくなら効果を実感したいものです。

 

効果が出ないと勘違いする人の対処方法もこちらで説明しているのでよければ参考にしてください。

 

フットクリア 評判・口コミフットクリア公式サイト

 

【関連記事】フットクリア 評判・口コミ

 

パンプス消臭:制汗対策

 

パンプスが臭うのは足から発汗される足汗が原因です。
ですので足汗を抑えることでパンプスを消臭することができます。

 

ただ、市販されている消臭スプレーは医薬部外品でない物が多く、
殺菌効果が高い成分IPMP(イソプロピルメチルフェノール)は0.1%以下しか配合されていません。

 

医薬部外品ならIPMP(イソプロピルメチルフェノール)は1%含まれています。

 

また、足の臭いを抑えるには殺菌するだけでは駄目で、足汗の発汗を抑えなくてはいけません。

 

市販の足の消臭スプレーは制汗ではなくデオドラント剤による汗の臭いを抑えることが主目的の製品がほとんどで、
本来の汗の量を減らす制汗効果はあまり期待できません。

 

市販品で有名な消臭スプレーエイトフォー(8×4)ですが、制汗作用は強いのですが、長時間スプレーすると皮膚が「低温やけど」を起こす危険性があります。

 

消臭スプレーでおすすめなのが医薬部外品です「足サラ」です。

 

「足サラ」は敏感肌の方でも安心して使用することができる無添加、低刺激です。

 

足の消臭スプレー足サラサラ【足サラ】97.7%が実感

 

足サラ

パンプス消臭:中敷(インソール)

パンプスに臭いが移る前に「中敷」を敷くことで足裏からの汗が直接パンプスの靴底に染み込むのを防いでくれます。

 

竹炭の中敷なら、臭いの元の有機物質も吸着してくれます。

 

活性炭の中敷は臭いの吸着に限界がありますが、竹炭なら洗濯して日干しをすることで、半永久的に何回も使用することができます。

 

注意しなくてはいけないのは、中敷をパンプスの中に敷きっぱなしにしないということです。

 

ずっと敷きっぱなしにしてしまうと、中敷を敷いていない状態とかわらなくなってしまいます。

 

使い捨てのリーズナブルな中敷もありますが、洗って何度でも使用することができるものがコスパ的にもおすすめです。

 

パンプス 臭い 対策おすすめ竹炭インソール「菌ピタ君」

 

多くのサイズが用意されているので、面倒なハサミで切る作業はいりません。

 

また、経済産業大臣認可の検査機関ボーケンの検査で「イソ吉草酸」の臭いが99%消臭されることが確認されています。

 

パンプス消臭:ソックス対策

生乾きの靴下を履かない

洗濯をしたのに臭うという人は、ひょっとしたら靴下が生乾きかもしれません。

 

本人は気がつかないことが多いのですが、部屋干しをすると鼻が慣れてしまって生乾きの臭いが気にならなくなることがあるようです。

 

靴下が生乾きの状態だと、納豆のようなニオイを放つモラクセラ菌が増殖してパンプスの臭いと重なることで、
より酷い臭いを発生させることになってしまうので注意してください。

ムレない、臭わない靴下に変える

ムレない、臭わない靴下は岡本の「SUPER SOX」です。
臭わないだけでなくかかと滑り止めがついているからズレにくいんです。

 

パンプス 臭い

 

独自開発した「BREATHE FIBER(ブリーズファイバー)」(特許第3529371号)により、ムレない、におわない靴下を実現しました。

 

岡本は靴下売上 日本No.1です。

 

5本指ソックス

足の指と指の間が蒸れにくく汗も溜まりにくくなります。
吸湿性の無いストッキングと違い汗を吸い取ってくれるので足の臭いを軽減してくれます。

 

パンプスを履いた時にソックスが見えてしまうことで、見た目に抵抗がありますが、

 

最近は靴の形に合わせて色々なタイプの5本指ソックスを選ぶことができるので見た目も気にすることが無くなりました。

 

最近では可愛らしいものもたくさんありますよ。

 

パンプス 臭い 対策女性用 5本指ソックス

 

パンプスの選び方

パンプスには布製でできているものやエナメルや革でできているものなど様々な種類があります。

 

足の臭いが少しでも心配なら、なるべくパンプスのつま先があいている通気性の良いオープントゥタイプを選ぶようにしましょう。

 

通気性が高まることで、蒸れを防ぎ雑菌の繁殖も抑制され臭いの発生を防ぐことができます。

 

スリッパに履き替える

実行できる環境であればデスクワーク中だけでも、スリッパに履き替えることでずいぶん違います。

パンプス消臭:消臭スプレー

パンプスの消臭で多くの方が心がけている方法は、
1日履いたパンプスを帰宅後に市販の消臭スプレーを全体に振りかけ、パンプスの中に、炭でできた消臭剤を入れるやり方です。

 

しかし、市販の消臭スプレータイプは一時的な効果しかなく、
大量に売るために万人に向くように作られているので、しかたないのですが効能はそれほど強力ではありません。

 

パンプスの消臭でおすすめなのは、プロのニオイ菌退治を採用した「トレンティア」です。

 

ボーリング場などのプロの現場でも愛用されている業務用抗菌防カビ剤モルドクラッシュが配合されているので、

 

その消臭力と抗菌防カビ力で足の臭い原因菌である「イソ吉草酸」を99.9%除去します。

 

足が臭くならない靴99.9%靴を消臭するスプレー「トレンティア」

 

ファブリーズを使用するのもいいですが、
ファブリーズの効果があるのは布製のパンプスだけです。

 

革製、合皮パンプスに使用すると変質、色落ちすることもあります。

 

また臭いの原因菌はパンプスは靴の中に残ったままです。

 

【関連記事】ファブリーズの効果

下駄箱にも注意

いろいろな靴が収納されている下駄箱から臭いが移ってしまう事もあります。

 

下駄箱に汚れた靴や湿った靴があると下駄箱が臭くなってしまいます。
下駄箱内にも消臭剤・乾燥剤をおくようにしましょう。

 

「トレンティア」なら下駄箱にシュッとするだけでOKです。

 

パンプスの臭う原因

パンプスを素足で履く

素足でパンプスを履くと足汗を吸収するものがまったくないのでパンプスの底に汗が溜まってしまい、臭いだけでなくカビが発生する原因を作ってしまいます。

 

足は汗をかいていないと思っている方は多いのですが、足は背中と比べても5〜10倍の汗をかきます。

 

平均で1日にコップ1杯分の汗をかくといわれているので、そんなに凄い汗が吸収されないでパンプスの底に溜まってしまうのです。

 

パンプスが臭うのは、足の臭いがパンプスに移ったのと、パンプス自体が臭いのもとになっている両方のケースが考えられます。

 

足が臭う

足が臭うのは、汗が皮脂や角質、垢などと混じり合い、足の裏に常在する細菌のエサとなり分解されることで臭います。

 

人間のカラダの中でも最も汚い部分と言われている足の裏や足の指は、
古い角質がはがれ落ちたり汗をかくことで汚れがかなり溜まりやすくなるのです。

 

パンプス 臭い 対策

足の裏は汗をかきやすく、汗をあまりかかないという方でも、前述したように1日コップ1杯分の汗をかいています。

 

ですので、パンプスの中は、10分もすれば湿度が100%になり
皮脂や角質、垢など栄養源として細菌の温床の場になっていているのです。

 

ストッキングも合成繊維なので汗を吸い取ってはくれません。

 

パンプスを1日中履きつづけているとかなりの汗がパンプスに吸収されることになります。

 

 

足の雑菌がストッキングを通してパンプスに入り込むことで足から移るニオイだけでなく、
パンプス自体も臭うようになるのです。

 

 

臭いは目には見えませんが極微小な物体です。
この極小のニオイ成分がパンプスの中にまで入り込むと臭いはなかなか取れにくくなります。

 

 

もし、パンプスがキレイに臭いを消臭できたとしても、根本の足の臭いが改善されなければ
同じことが繰り返されパンプスは再び臭うようになります。

 

ですのでパンプスの臭いを完全に無くすには足の臭いとパンプスの臭い両方のニオイケアを同時にすすめる必要があります。

 

ブーツ 臭い対策

ファッションアイテムとしてはかかせないブーツですが、気になるのが臭いや蒸れですね。

 

ブーツを脱いだ時のあの「モワ〜」をなんとかしたいものです。
ブーツのメンテナンス方法と水洗い方法を紹介します。

ブーツ 臭い対策:メンテナンス

ブーツ 臭い対策

新聞紙&重曹

帰宅した後は、ブーツの中に新聞紙を丸めて入れることで湿気を吸収させます。
インクによる脱臭効果もあります。

 

夜、就寝前に新聞紙を取り出し、使わなくなった靴下などに重曹をつめてブーツの中に入れておきます。

中敷き

ブーツを履く時に消臭効果がある中敷きを使いましょう。

毎日履かないようにする

中2日間は空けるようにして、その間は風とおしの良い場所で保管します。

ブーツ 臭い対策:水洗い

ブーツ 臭い対策でまず注意しなくてはいけないのが、洗うことによって場合によってはブーツを傷めてしまうことです。

 

どうしても心配な方は専門の靴クリーニング「くつりネット」に出しましょう。

ブーツ 臭い対策

ブーツ 臭い対策:本革

皮用ブーツ専用の洗剤を用意してブーツ全体を浸します。
表面的に汚れを落とす程度で柔らかいスポンジで皮を傷めないようにそおっと撫でるように洗います。

 

洗い終わった後は陰干しをしてしっかりと乾かします。
本革ブーツは皮が息をするので空気も流れやすくブーツの中でも比較的臭いがこもりにくいです。

ブーツ 臭い対策:ムートンブーツ

ムートンブーツは蒸れやすく汗を吸いやすいので、手入れをしっかりしないとかなり臭います。
ムートンブーツの臭い対策は内側をよく洗うことです。

 

ムートンブーツを専用の洗剤を薄めたなかに10〜20分浸します。
その後、内側をスポンジで泡立てしながら洗うのですが、特につま先部分をしっかり洗います。

 

専用の洗剤でなくても重曹水を使ってもOKです。
洗い終わった後は、内側に新聞紙をつめて型をこわさないようにしっかり乾かします。

 

外側が乾いたら、内側はブラッシングをしながらドライヤーで乾かします。

ブーツ 臭い対策:スエードブーツ

スエードブーツはあまり水洗いすることはおすすめできません。

 

内側は洗うことができても、外側は毛の流れとは別にブラッシングをするか、
汚れている箇所には靴用中性洗剤を使用して軽く押しあてるようにして洗います。

ブーツ 臭い対策:まとめ

以上のお手入れをしてもブーツを脱いだ時に臭う時があります。
ブーツを脱いだ時だけなら、なんとかごまかせても臭いが足に移っていたら最悪です。

 

ブーツで出かける時に心配な日は、魔法の消臭パウダーとして有名な「フットクリア」を使うのがおすすめです。

 

数多くのメディアでも取り上げられているので、ご存じかもしれませんが、パウダー状なのでサラサラでとても使いやすいです。

 

朝、お出かけの時にブーツの中に振りかけるだけです。
まちがっても市販の消臭スプレーなどを使用してダブルの悪臭を出すことが無いようにして下さいね。

 

足が臭くならない靴

 

また、臭いが染み付いた靴下やタイツは洗った時には気が付きませんが、
履いている内に臭いが復活してくることがあります。

 

そんな時は最悪ですね。
そんな時には靴下専用の消臭スプレー「ヌーラ」を使うことをおすすめします。

 

朝、スプレーすれば1日中効果が持続します。

 

パンプスとストッキングの組み合わせは足の臭いに最悪!

足の臭いの原因として女性の場合はパンプスとストッキングがあげられます。
パンプスもストッキングも足が臭くなりやすい特徴を持っているからです。

 

パンプスを履いた時だけ足が臭い、スニーカーなどパンプス以外の靴を履いているときには足が臭わないという方は、間違いなくストッキングが足が臭う原因です。

 

ストッキング

ストッキングは薄い生地で足全体を覆う性質から足汗を吸収する機能はなく、
薄いから通気性が良いように思えるのですが、とても蒸れやすい性質をもっているのです。

 

ナイロンやポリウレタンでできている、ほとんどのストッキングは、かなり目が細かく足汗を吸収することがなかなか難しく、高温多湿の状態を作り出してしまいます。

 

パンプス,ストッキング,足の臭い

そうなるとストッキングが雑菌の温床になり菌を増殖させることでニオイを発することになるのです。

 

また、パンプス自体がひどく臭うようだとストッキングの臭いと重なってかなりの悪臭を放つことになります。

 

しかし、ストッキングを履いて1日過ごしてもパンプスを履いてなければ足は臭くなることはありません。

 

足が臭うのはストッキングとパンプスが組み合わさることで、パンプス内に発汗された足汗をストッキングが吸収することができないために、
足裏や足の指の間に雑菌がふえてしまい臭くなるのです。

 

靴下を履いていれば靴下が足汗を吸収してくれるので、パンプスやストッキングの組み合わせほど足が臭う事はありません。

 

また、ストッキングだと足の臭いが直接素足についてしまうので、お風呂でボディソープで洗ったぐらいでは落ちないことがあります。

 

ストッキングだけなら、まだ洗えば臭いが取れることはありますが、パンプスはなかなか臭いを取ることができません。

 

つまりは、いくら足をキレイにしてもストッキングを洗ったり取り換えたりしても、またパンプスから臭いが移ってくるのです。

 

臭いを予防するストッキング

足の臭いを予防するストッキング対策

脚の引き締め効果もあり、脚をキレイに見せてくれるストッキングは女性にとっては無くてはならない大定番です。

 

日頃の仕事やデート、お出かけにストッキングはかかせません。

 

でも、ストッキングを1日中履いていることで、知れると恥ずかしい足の臭いの原因も作っているのです。

 

そこで、女性にとってはかかせないストッキングがどうして臭うのか、そして履いても足が臭わない対策と、ストッキングの洗い方をご紹介します。

 

ストッキングが臭う原因

ストッキングの素材はナイロンやポリウレタン製がほとんどで、繊維の太さも髪の毛の半分以下という細さなので汗をとても吸収しにくです。

 

足が臭う大きな原因は、汗に関係しているのですが、その汗をストッキングはいつまでも溜めこんでしまうのです。

 

さらに、通気性がよくないパンプスや革靴を履く事から、汗はいつまでも乾きにくく、ストッキングに覆われた足は湿気を多く抱え蒸れた状態が続いてしまいます。

 

パンプスではなく通気性が良いシューズやサンダルでも足の裏はインソールに面したままなので、通気性が悪くストッキングが汗を吸収しないので雑菌が繁殖しやすく足が臭う原因になります。

 

高温多湿のこんな環境は、足の雑菌にとっては好環境でどんどん繁殖を繰り返し、汗や皮脂、角質を栄養源として老廃物を排出し足の臭いを悪化させるのです。

 

また、ストッキングの特徴として静電気を帯びやすいので、ホコリがくっつきやすく、それが雑菌のエサになることでより足が臭いやすくなってしまうのです。

ストッキングの臭い対策

5本指ソックス

足の臭いを予防するストッキング対策

ストッキングを履く前に5本指ソックスを履くことで、蒸れやすい足の指と指の間も生地で覆われることで汗を吸い取りストッキングの中も蒸れにくくなります。

 

5本指ソックスは見た目にちょっと・・・・。

 

と使用することに抵抗がある方もいますが、最近は見た目にも履いていることがわからないような物から、
履いているのがわかっても、とてもキュートで可愛らしい物まで、揃っていますよ。

 

靴下の専門店で有名な靴下屋(タビオ)なら消臭効果のある5本指ソックスも揃っています。
ネットから色々な商品を探してみてください。

 

足の臭いを予防するストッキング対策靴下屋(タビオ)女性用 5本指ソックス

注意
5本指なら何でもいいわけではあありません。
ちゃんと素材を確認してくださいね。
ファストブランドや、百均で販売されている5本指ソックスは大半が素材の5割以上に化学繊維が使われています。
化学繊維はまったく汗を吸収しません。
おすすめは天然素材の5本指ソックスです。
ゴムの部分だけ化学繊維が使われているのは問題ありません。

ストッキングを履き替える

1日中、同じストッキングを履きつづけるのではなく、発汗具合の様子をみて、昼休みやトイレのときなどに履き替えます。

 

足のつけ根までのストッキングなら履き替えやすいです。

 

履き替える時の注意点としては、必ず新しいストッキングを履く前に、足をウエットティッシュなどでキレイに拭き取ってから履き替えるようにします。

 

パウダーをつければ、さらにスッキリします。

デスク仕事中は、スリッパに履き替える

仕事環境にもよりますが、履き替えても支障のない環境にある方は、会社にスリッパを用意しておいて、通気性がよくないパンプスや革靴を脱いでスリッパに履き替えましょう。

制汗剤を使う

スプレー

ストッキングを1日中履いていても汗の発汗を抑えることができれば、蒸れがなくなることで足が臭うこともありません。

 

ドラッグストアなどで販売している制汗剤は一時的なものが多いので、
医薬部外品で朝、シュッとするだけで1日中効果が持続する「汗サラ」を使ってみるといいでしょう。

 

ストッキングを履いた上からも使用できるので便利です。

 

足の臭いを予防するストッキング対策足サラサラでいつ靴を脱いでも大丈夫♪【足サラ】

 

足サラ

パウダー

足の臭い対策にミョウバン水は有名ですが、このパウダー制汗剤の主な成分はミョウバンなので効果は大です。

 

スプレータイプではなくパウダー状なので、靴の中に振りかけるのですが、靴の臭いはもちろんストッキングの臭いも解消してくれる優れものです。

 

効果が実感できなければ返金もしてくれます。

 

足の臭いを予防するストッキング対策足の消臭パウダー「フットクリア」

 

靴を履きかえる

靴も足からストッキングを通して湿気を吸い取っています。

 

できれば、1日履いた靴は中2日ぐらいは空けて乾燥させましょう。

 

靴の中に、菓子袋の中に入っている乾燥剤や、重曹を古い靴下などに入れて縛って入れておくことで、乾燥もできるし脱臭もしてくれます。

 

丸めた新聞紙をいれておくのも効果的です。

 

また、靴を会社用と通勤用を用意しておくのもおすすめです。

 

職場で問題がなければ、通気性のよいつま先が開いたパンプスを履いてみるとよいです。

 

靴の中に消臭インソールを入れておくのも良い方法です。

 

備長竹炭が使われていインソールなら、日干しすることで吸収したニオイ成分が放出されるので、半永久的に使う事ができます。

 

パンプス 臭い 対策竹炭インソール【菌ピタ君】

足は保湿しすぎない

足の臭いを予防するストッキング対策

足をよく洗うのは当然行っていると思いますが、足を洗う時には、ボディソープではなく石鹸を使うようにしましょう。

 

ボディソープには保湿剤や香料も含まれているので、足の臭い対策にはよくありません。

 

ボディオイルやクリームで全身の保湿ケアをしている方もいると思いますが、

 

足裏の蒸れを防ぐには、足裏を保湿しすぎないことです。

ストッキングを洗う

一度、繊維の中まで臭いが染み付いてしまったストッキングは、洗濯機で洗ったぐらいでは臭いはなかなか落ちません。

 

この状態で、同じストッキングを履きつづけることは余計に臭う原因になってしまいます。

 

けれども、正しい洗濯方法でストッキングを洗っておけば、1日履いていても「臭わないかな?」と不安に悩まされることもなくなります。

手洗い

ストッキングは傷みやすいので、できたら手洗いをしたいです。

 

ストッキングに使われているポリウレタンは熱に弱いので洗濯に使用するお湯は熱すぎないようにします。

  1. 洗面器のお湯に中性の石鹸か洗剤を溶かします。

    ストッキングの臭いを落すには裏返しで洗います。

  2.  

  3. ストッキングで汚れやニオイが気になる足裏部分は念入りに手で押し洗いをします。
  4.  

  5. 洗い終わったら洗剤残りがないように流水でよくすすぎます。
  6.  

  7. ギュッと強く握って絞ると生地を傷めてしまうのでタオルに挟んで押すようにして水気を拭き取ります。

洗濯機

手洗いが面倒くさいという方は、洗濯機でも洗うことができます。

 

ストッキングをネットに入れて洗濯するのですが、気をつけて欲しいのが1つのネットに1つのストッキングしか入れないことです。

 

何足もストッキングを入れてしまうと絡まりあうことで静電気が発生し電線しやすくなってしまうからです。

 

この時も手洗いと同じ様にストッキングは裏返しておきます。

 

洗剤は皮脂や汗汚れに強い弱アルカリ性の洗剤がいいのですが傷みやすいので、おしゃれ着洗いのような中性洗剤を使うのがおすすめです。

 

あまりにも臭いがひどい場合には洗濯する前、洗濯した後に次のような処理をしておけば完璧です。

 

どちらか片方だけでもOKです。

洗濯前:重曹を使う

洗濯をするまえに、60℃のお湯1リットルに重曹大さじ3杯をいれた洗面器にストッキングを一晩浸け置きします。

 

その後は、いつも通りに洗濯してください。

洗濯後:酸素系漂白剤を使う

漂白剤には酸素系と塩素系がありますが、使用するのは酸素系です。

 

間違って塩素系を使うと生地を傷めたり色落ちしてしまいます。

 

酸素系漂白剤にも液体と粉末がありますが、使うのは粉末です。
(液体は臭いを取る効果はほとんどありません)

 

洗濯した後のストッキングを、40℃以上のお湯に粉末の酸素系漂白剤をいれ、1〜2時間浸け置きします。

 

その後、すすいで脱水し天日干しします。

 

臭いを出す菌は、熱に弱いので60℃以上のお湯に浸けるだけでも効果はあります。

 

ストッキングの干し方

ストッキングは乾燥機は使いません。

 

熱や摩擦で電線したり傷んだりするからです。

 

干すときは生地を傷めないためないように陰干しで、つま先が下になるように干します。

 

逆に干してしまうと、ウエスト部分に水がたまり痛みが早くなります。

 

臭わないシルクストッキング

シルク製のストッキングは足汗対策にもなり足の臭い対策には最高のストッキングです。

 

シルク繊維は多孔質なので、綿を超える吸放湿性を持ち臭いの元になる菌も抑えてくれます。

 

足汗をかいても足はサラサラで蒸れを逃してくれます。

 

空気の層を繊維の間に含んでいるので、汗をかいたあとのヒンヤリ感も少なく、自然な温かさがキープできることで冷え対策にも重宝します。

 

このようにシルク製のストッキングは汗をかいてもすぐ乾き、足の臭い対策にはバッチリのストッキングですが、
ただ、価格的なことと、丈夫さに欠けるのが難点ですね。

 

ビジネス用というよりは、プライベートで使用するには最高の素材です。

 

ストッキングを臭わせない足の洗い方

ストッキングの臭いが改善しても肝心の足が臭っていれば、ストッキングを履いたらまたすぐに臭ってしまいます。

 

そんなことがないようにするために、足の洗い方はとても大事です。

足が臭わない足の洗い方

まず、足の汚れを浮かしてから足を洗います。

 

足を洗う前に足湯をするか、お風呂にじっくり浸かってから足を洗います。

 

足を洗う時はボディソープではなく石鹸を使います。

 

足の臭いの原因はイソ吉草酸と言われるように酸性です。

 

石鹸はアルカリ性なので、臭いを中和させてくれるのです。

 

ボディソープは酸性なので中和させることができません。

 

また、ボディソープには保湿剤が含まれているので、足が蒸れることでニオイが発生する臭い対策には不向きなのです。

 

さらにもう一つ足を洗うのに石鹸が良い理由は角質除去成分がボディソープより強いことです。

 

固くなった角質は雑菌のエサになり繁殖を促進させます。

 

これらの事からわかるように、まず足にに臭い対策には洗剤を変えることです。

 

それだけで、足の臭いが軽減することにきっと驚くと思います。

 

こちらで足の臭いを消す石鹸を詳しく紹介しています。

 

参考にしてみてください。

 

足の臭いを予防するストッキング対策 足の臭いを消す石鹸

 

まとめ

女性にとって足が臭うことは、とても恥かしい事です。
会社やデート、飲み会などで恥ずかしい思いをしないためにも、ここで紹介したことを出来るところからでもやってみてください。

 

足が臭くなりにくい靴

足が臭くなりにくい靴:素材

仕事柄、男性は革靴を履く事が多いですが、革靴を選ぶ時は天然皮革がおすすめです。

 

合皮の靴は、まったく熱も空気も逃げないので、靴を履くとすぐに靴の中が高温多湿で蒸れやすくなります。

 

本革は、毛穴のような小さな穴があいていて空気の通り穴があります。
そのため湿気が逃げやすく、足裏からの汗もしっかりと吸収してくれます。

 

女性の場合は、メッシュ素材が通気性が優れているのでおすすめです。

 

もっと通気性が良いのは布製のシューズです。
布繊維の隙間から熱や湿気が逃げてくれるので蒸れにくいです。

足が臭くなりにくい靴:サイズ

靴が足に合っているかどうかは、とても大事です。

 

ブカブカの靴やきつい靴は、足にストレスがかかり足裏からの発汗量が増えてしまいます。
そのために靴の中が蒸れやすくなります。

 

 

人間の汗には2通りあって、体温を下げるサラサラの汗と、
ストレスなどの緊張で発汗されるドロドロの汗です。

 

 

サラサラの汗は臭いませんが、ドロドロの汗は臭います。
サイズが合わない大きい靴の場合、靴の中で足が動いたりします。

 

 

それで無意識のうちに靴が動かないようにとか、脱げないようにと足が靴を掴みます。
こんな緊張感があるときにドロドロの汗が出て足が臭うのです。

足が臭くなりにくい靴:カット

カットの浅い靴は、歩く時に空気の流れ道ができて蒸れにくいです。

 

逆にカットの深いハイカットシューズやブーツなどは通気性がとても悪く蒸れやすいので足が臭う原因になったりします。

 

しかし、これだけでは足の臭い対策には不十分です。

 

こんな時にはぜひ、前述のどんな靴でも臭わないようにする魔法のようなパウダーを試してみてください。

 

足が臭うのを気にするあまりに、履きたい靴が履けなかったりファッション性が下がるのは面白くないですよね?

 

足を臭わなくするには靴の消臭を優先した方が効果的です!

 

臭わない靴

 

足が臭うのは足汗から発生する皮膚常在菌の過剰繁殖が原因ですが、

 

足が継続的に臭うのは靴が原因です。

 

イソ吉草酸などのニオイ菌は、靴の方に圧倒的に潜んでいるからです。

 

ですので、足が臭わなくするようにするには足のケアも大切ですが、靴のニオイケアを優先した方が効果的です。

 

足が臭いのを治す方法:TOPページ

足が臭くならない靴:レディースもメンズもこれで臭いの悩みは解消!記事一覧

スニーカーの丸洗いスニーカーを丸洗いする時に、ただ洗剤で洗うだけでなく重曹を使うことで、スニーカーに発生しているカビも取り除くことができます。重曹には食品用と清掃用がありますが、どちらを使っても問題はありませんが、清掃用の方がお得に購入できます。カビが発生するのは足の皮脂に含まれるたんぱく質を栄養源として繁殖しているからですが、重曹は弱アルカリ性なので酸性であるタンパク質を分解することができます。...

生涯に渡って足の臭いとサヨナラするには、足の臭いの環境を崩さなくてはなりません。今後、二度とあなたの足の臭いや足汗があなたを悩ませることがないように、生活の中で注意する点について紹介します。靴の選び方1.足に合わない靴は履かない足に合わない靴を履く事で、不具合による不要な汗をかきます。1.靴を2足以上用意する靴は連続で履かないようにし、1日履いたら乾燥させ、決して乾いていない靴を履かないようにしま...

足の臭いを取る方法として、靴に染み付いた臭いを消すことも大きな対策方法です。靴の臭いを消すのに、靴の中に10円玉をいれておくと効果がると、昔から言われていますがご存じですか?なにか眉唾っぽいですが、結論からいうと本当に効果があるんです。10円玉で足の臭いを取ることができるんです。10円玉は、95%は銅、亜鉛4%、すず1%の成分で構成されほとんどが銅です。10円玉の成分である銅に抗菌効果があるのです...

テレビCMで、よく見かけますからご存知ですよね。ファブリーズは本革や合成皮革には効果がはありませんが、布製のスニーカーには効果があります。これが一番身近なスニーカーの臭い消臭法だと思います。ただし、消臭できるのはスプレーが吹きかけれらたところだけで、スニーカーの奥深くに入りこんだ皮脂や角質は取り除くことができないので、一旦臭いが消えても、またスニーカーを履くことで雑菌が皮脂や角質を分解し再び臭いを...

足の臭いがするというと、ブーツや革靴、スニーカーなどを履いていると足が臭うというイメージが強いのですが、実は通気性が良いので足の臭いとは無縁そうなサンダルを履いていても足が臭う人がいます。どうしてでしょうか?サンダルが臭う原因サンダルを履くときには、足の親指と人差し指の間を気にして歩いていると思うのですが、それが知らず知らずの内に足にストレスを生み出し、発汗が増えている可能性があります。汗が増えれ...