足の臭いは酢で解決できる?

足の臭いを解消するのに酢が効果的だと言われてていますが本当でしょうか?

足の臭い 酢

お酢は、そう家庭においてあるあのお酢です。

 

結論から先に言いますね

 

お酢は足の臭いの消すのに効果があります。
ただし、アンモニア臭に限ってです。

 

足の臭いの原因は2種類あります。

 

⇒足の臭いは2種類:あなたの足の臭いはとっち?

 

足の臭いには、酸性の臭い(納豆臭い、チーズ臭い)、とアルカリ性の臭い(アンモニア臭)があります。

 

酸性の臭いの原因はイソ吉草酸なのですが、この臭いには残念ながらお酢による臭い消臭の効果は期待できません。

 

お酢が効果的なのは、ツーンと酸っぱい臭いがするアンモニア臭です。

お酢の成分

お酢に含まれている主な成分は、酢酸、クエン酸、アミノ酸、糖質などです。

 

アミノ酸や糖質は、お酢の旨味を出す成分なので足の臭いには関係ありません。

足の臭いに対してお酢の効果

消臭効果

足の臭いに効果がある成分は、酢酸とクエン酸です。
酢酸とクエン酸は水に溶かすと酸性になります。

 

酸性のお酢と足の臭いの原因であるアルカリ性のアンモニアが合わさると中和反応が起こり臭いが無臭になるのです。

殺菌効果

お酢には、もうひとつ殺菌効果が期待されているのですが、家庭用のお酢には殺菌効果はあまり期待できません。

 

雑菌は、酸性の環境下では生存することができないので、殺菌効果はあるのですが、期待するほどではありません。

 

強い殺菌の効果があるのは、強い酸の場合で、よく実験で使ったりする塩酸や硫酸がそれにあたります。

 

考えたらわかるのですが、お酢は食べ物に使われるものです。

 

お酢に強い殺菌効果を持たせると、体に必要な善玉菌までも殺してしまいます。

 

なので、お酢には雑菌を死滅させるまでの強い殺菌作用はありません。

 

おすすめの酢はドラッグストアなどで買える竹酢酸や木酢酸です。

 

食用のお酢でもアンモニア臭には効果があるので、足の臭い対策には有効です。

足の臭い対策に酢の足湯

  • お風呂に入って足をキレイに洗うか、足を石鹸でキレイにしておきます。
  •  

    足の臭い 酢

  • 洗面器に両足が浸けられるくらいのお湯を用意します。
  •  

  • お湯の温度は少し熱めの40℃ぐらいがおすすめです。

    足の血行が良くなり、冷え症が改善される効果もあります。
    洗面器が浅い場合にはバケツでもかまいません。

  •  

  • 容器が用意できたら、普通のコップに7分目くらいのお酢をお湯に注ぎます。
  •  

  • 多くのお酢をいれすぎると、お酢の臭いが強すぎて足湯どころではなくなるので、最初は少な目で始めて量を調整してください。
  •  

  • 肌が弱い方は、軽い炎症を起こすケースもあるので慎重に行ってください。
  •  

  • お湯に足を漬けて約15分〜20分足湯を楽しみます。
  •  

  • 足を浸けている間に、手で優しく指の間を洗ったりするとより効果的です。
  •  

  • 足湯の後は、清潔なタオルで水分を拭き取ります。
  •  

  • この時に、お酢の臭いが気になるようなら、シャワーで洗い流してもいいですが、効果は薄れます。

即効性は、それ程ないので数日間は継続するようにしてください。

足の臭い対策でお酢を使うデメリット

  • 出かける前に行うと、酸っぱい臭いが残ってしまう事がある。
  • 消臭効果はあまり高くない。
  • 効果が一時的でスグに雑菌が繁殖して臭いが発生する。

足の臭いがお酢の足湯で消えない場合

酸性の臭いの原因であるイソ吉草酸による足の臭いは消すことはできません。
イソ吉草酸の臭いは、アルカリ性の重曹水で消すことができます。

 

⇒足の臭い対策に重曹水

 

また、アンモニア臭でも足の臭いが強すぎると、お酢でも中和することができず臭いが残ってしまいます。

 

足の臭いが強い人は、発生の原因である汗の量をなんとかしないと改善は期待できません。

 

そんな人にお薦めなのが、足の臭い対策専門の「ケアクリーム」です。

 

汗を抑える制汗成分や雑菌を殺菌する成分が含まれています。

 

消臭スプレーのように一時的でなく、元から臭いの原因を改善することができるのです。

 

足の臭い消臭効果も人気も高いお薦めのケアクリームを紹介します。

 

⇒薬用デオドラントフットクリーム「ノーノースメル」

 

足の臭い対策でお酢を飲む

お酢に含まれている成分・クエン酸は乳酸を分解する効果があります。

 

運動不足やクーラーのつけすぎなどで、汗腺の機能が弱まっていると、
汗と一緒に老廃物に混じってアンモニアと乳酸が一緒にでることがあります。

 

 

ですので、運動不足や職場環境で汗腺が弱まる傾向にある方は、
普段から酢の物や酢豚、お寿司などお酢が含まれている食品を積極的に摂取しておくことで乳酸を抑えることができます。

 

お酢を直接に飲むのはちょっと難しいですが、リンゴ酢などは水や炭酸水で割ることでに見やすくなります。

 

お酢で靴を消毒する

酢水を使って靴の中を拭くことで靴の中が消毒できます。

 

酢は水で3倍程度に薄めて使います。

 

拭いたすぐは臭いますが数時間もすれば臭いは気にならない薄さに減少します。

木酢液は足の臭いに効果あり!

木酢液の原液は強い酸性です。必ず希釈して使いましょう。

木酢液とは

足の臭い,木酢液

木材を乾留して木炭を作るときに一緒に出る水蒸気を冷やしてできた液体の上澄分を木酢液といいます。

(竹炭を作るときに出る水蒸気からできた液体は竹酢液といいます。)

 

木酢液はガーデニングの防虫剤としてホームセンターで売られていて中和作用と燻香のマスキング作用の相乗効果でイヤな臭いを抑えてくれる効果があります。

 

木酢液は農薬指定はされていませんが、農薬の代わりとしても使われています。
つまりそれだけ強い成分ということです。

 

天然成分だから安心なのですが、きちんと精製されていなく、木タールやメタノール、ホルムアルデヒドなどの有害物質を含んでいる粗悪品もあるので、肌に使う場合はきちんと原料や製造方法を確認して下さい。

 

特にホームセンターで売られている木酢液は、人の体に使うことを考えて作られていないので使用は止めた方がいいです。

 

木酢液って、昔から足の臭い対策に使われていますが意外と知らない人が多いようです。
ここからは木酢液のメリット、デメリットを説明しますね、

木酢液のメリット

足の臭い対策だけでなく水虫対策(白癬菌)にも効果があります。
また、角質もケアしてくれるので、木酢液を使うことで足の裏がキレイにツルツルになります。

 

⇒足の臭いの原因(角質)

 

古い角質がケアできるということは足の臭い対策にはとても有効です。
木酢液を使っての足湯、入浴では血流もよくすることから冷え症対策にもなり代謝も促進されることから足の臭い対策には更に効果的です。

 

木酢液の殺菌効果で爪の間の雑菌も殺菌することができます。

木酢液の使い方

木酢液 250ml 、水虫、 足のニオイ に!

◇足湯
  • 洗面器やバケツに足が浸かる程度(約4リットル)の暖かいお湯(40〜42℃)を入れます。
  • 木酢液を約30ml入れます。
  • 足を5〜20分程浸けます。
◇お風呂

足の臭いだけでなく体全体の臭いが気になるときにもお風呂の中に木酢液を入れることで、体も温まりアトピーや肌荒れ対策にもなったりします。

 

使用する時には、よく説明書を読み表記に従った量を入れ、入れ過ぎないようにしてください。

木酢液のデメリット

木酢液は独特の臭いがするので、はじめて木酢液を使う方には少し使いにくいかもわかりません。
木酢液は木炭を作る時にできた水分なので、原液は強烈な燻製のようないぶした臭いがします。

 

木酢液をお湯の中に入れることでお湯の蒸気と一緒に、香りが上がってきます。
このニオイが受け入れられない人にはちょっと辛いかもわかりません。

 

また、敏感肌の人は肌に合わない場合もあるので注意が必要です。
原液が服についてしまうと色がついてしまうことがあります。

まとめ

木酢液は出勤や通学などのお出かけ前に使用すると、独特なニオイが沁みついて取れなくなる事もあるので、帰宅後の使用がオススメです。

 

お出かけ時の足の臭い対策としては、防臭・制汗・殺菌・角質ケアもあり無臭で持続力のあるデオドラント剤がより効果的です。

 

⇒持続力のあるデオドラント剤はこちら

 

足が臭いのを治す方法:TOPページ