足の臭いに重曹が効果的!

足の臭い対策に重曹

 

足の臭いは、洗濯や掃除などで使われている重曹を使うことで解消できます。

 

重曹は、洗濯や掃除などに使われるだけでなく調理用等にも使われペーキングパウダーやふくらし粉などに使われています。

重曹の種類

重曹は「薬用」「調理用」「掃除用」の3種類があります。
ここで使用するのは「調理用」です。

 

「掃除用」は100均でも販売されていて安いのですが、不純物も多く界面活性剤や研磨剤、発泡剤など、肌に強い負担がかかる成分が入っている場合があるので使わないで下さい。

 

「薬用」は純度が高いのですが値がはります。

 

調理用は精製方法がパッケージに記載されていますが、「天然物」と「合成物」の2種類あります。

 

どちらを選んでも問題ありません。
お好みで選んでください。

 

正式名称は「炭酸水素ナトリウム」で白い粉末状になっていて、人体に無害な物質です。

 

スーパーやドラッグストアで購入することができます。
ただ、重曹が効果があるのは、「イソ吉草酸」による納豆臭、チーズ臭です。

 

水虫の臭いもイソ吉草酸が発生するメカニズムとよく似ていますが、
水虫の臭いは皮膚疾患なので重曹だけでは消すことはできません。

 

足の臭いがアンモニア臭の場合は、重曹は効果がなく、ミョウバンが効果があります。

 

足の臭いには、多くの種類あるので、あなたの足の臭いによって治療方法を使い分けて下さい。

 

詳しくはこちらをご覧下さい。

 

関連記事:足の臭いの種類と対処方法

 

足の臭いに重曹の働き

消臭作用

重曹は弱アルカリ性で、足の臭いの原因菌であるイソ吉草酸は弱酸性の物質です。

 

酸性のものと、アルカリ性のものが合わさると中和し無害になります。
この中和効果により足の臭いを消臭してくれます。

 

足の臭いの消臭だけでなく、重曹を小瓶などにいれておくだけで部屋の嫌なにおいも消臭してくれます。

 

芳香剤のように香りでごまかすことなく臭いを元から断ってくれます。

吸水作用

ニオイを持った足の水分を吸着し取り除いてくれます。
水分を取り除いてくれることで、足が蒸れるのを防いでくれる効果もあります。

角質軟化作用

細菌のエサになる角質や皮脂を柔らかくし、取り除きやすくしてくれる効果があります。

 

角質や皮脂は弱酸性なので、アルカリ性の重曹で中和させることで落としやすくなります。

スクラブ効果

重曹水は、鼻の黒ずみ取りなどにも利用されるように、スクラブ効果があります。
粉のままでは、刺激が強すぎるので、水と混ぜわせることで粒子が丸くなり肌当たりも柔らかくなります。

乳化作用

重曹水が皮脂や角質などの脂を落とすことができるのは乳化作用があるからです。

 

水と脂は本来なら反発しあい混じることは無いのですが、重曹の乳化作用で皮脂や角質の汚れを落とすことができるのです。

血流促進効果

重曹は血流を促進する効果があり、血液の循環がよくなることで新陳代謝もよくなり、ニオイの元になる体内の老廃物も排出しやすくなります。

 

足の臭いに重曹の使い方

重曹足湯

洗面器やバケツを用意しお湯(30〜38℃)をはり、重曹を小さじ1〜2杯入れます。

 

よくかき混ぜた後、足を10〜15分浸します。
毎日、行うと効果的です。

注意
足に傷がある場合は、重曹の量を減らすか、ひかえるようにしましょう。
初めは重曹は1〜2杯で試しながら最大でも3杯までにとどめるようにしてください。

重曹足湯はお風呂がりなど足を洗ってから浸けることで消臭効果はより高くなります。

 

また重曹足湯の後は、消臭効果の高い臭い専用の石けんで爪の間や指の股、足裏の角質を軽くこすり洗い流すことでさらに効果が高まります。

 

さらに足の臭いを落とす

重曹炭酸足湯

足の臭い 重曹

重曹足湯にお酢やクエン酸を加えることで炭酸ガスを発生させ、炭酸により皮脂汚れや角質を落とす方法もあります。

 

この方法は血行促進効果もあり美肌効果、むくみ解消、冷え性にも効果的ですが、
クエン酸や酢は酸性なので、重曹のアルカリ性と中和反応が起こり消臭効果は弱まります。

 

*クエン酸を使用する場合は工業用ではなく不純物が混じってない食用の物を使うようにしましょう。

 

重曹水+アロマ

抗菌作用があるラベンダーやティーツリー、ペパーミントなどのアロマオイルを重曹水に加えることで、菌の繁殖が抑えられ臭いも消臭されます。

 

アロマを使用するときは、先にアロマオイルに重曹を混ぜ合わせてからお湯の中に入れるようにして下さい。

重曹風呂

足の臭いだけでなく全身の体臭対策にもなります。

 

浴槽に入れる重曹は大さじ3杯が限度です。

 

重曹風呂は効果的なのですが、身体への刺激が心配なので週に1〜2回の利用にとどめるようにしてください。

重曹水で靴下を消臭

足が臭うということは靴下も臭っています。

 

ひどい場合は足の皮脂により靴下がパリパリになっていることもあります。

 

こんな靴下は普通に洗濯していては、なかなか臭いを取ることはできません。

 

洗濯機で洗う前に重曹水に20〜30分浸け置きし、その後重曹を洗い流し洗濯することで、靴下の臭いが中和され臭わなくなります。

 

洗濯機に重曹を入れて使用すると、洗濯機の内部が詰まる原因になるので絶対に洗濯機には直接使用しないでください。

重曹で靴の消臭

足の臭いが改善されていても、いつも履く靴がそのままでは、すぐに足にニオイが移ってしまいます。
靴も重曹を使って消臭しましょう

重曹スプレー

重曹を、ぬるま湯に溶かして使用します。
水では溶けにくいのでぬるま湯を使います。

 

ぬるま湯120〜150mlに対し、重曹小さじ1杯入れます。
スプレーは100均で売っているものを使います。

 

消臭スプレーにも足湯でも紹介した消臭効果のあるラベンダーやティーツリーなどの精油を混ぜあわせるのがおすすめです。

 

ただ、精油を加える時には必ず無水エタノールを加えるようにしてください。

 

そうしないと精油と水が分離してスプレーが詰まる原因になるからです。

 

デメリット

アルカリ性がそれほど強くない重曹は使用するのに安心して使えるのですが、日持ちがあまりよくありません。

 

ですので重曹スプレーは作り置きしないで、使用する分だけを作って使い切りするようにしましょう。

 

また、重曹をぬるま湯と混ぜる時には、スプレーをしっかり振って重曹の粉を溶かすようにします。

 

そうしないと、スプレーの中の途中で詰まってでなくなることが起きるからです。

 

 

靴の消臭では靴の中にまんべんなくスプレーした後は、よく乾かします。

 

水洗いが可能なスニーカーなどは重曹水で丸洗いすると効率的に消臭できます。

重曹を直接使用

使わなくなった、穴が開いていない靴下に、重曹を直接1/2カップ程度入れます。

 

重曹がこぼれないように、入口を結び、それを靴の中に入れることで消臭プラス除湿効果が期待できます。

 

重曹の効果期限は約3ヶ月なので、期限がすぎたら入れ替えるようにして下さい。

 

これらの方法が、面倒という方は重曹を直接、靴の中に振りかけてもOKです。
大さじ1杯程度を使用し、靴の中にまんべんなく広げたあと、残った重曹を掃き出します。

 

 

重曹は足の臭いの症状が、どちらかというと軽い人に、より効果が感じられると思います。
しかし、重曹でも効果がなかったという方は、やはり足の臭い専門グッズを使った方がい効果が期待できます。

 

⇒効果も人気も高いおすすめのケアクリーム

 

重曹で足が痛くなる

重曹はお掃除の裏ワザとしてよく使われ頑固な汚れを落とすことができるほど強力な成分です。

 

弱アルカリ性の重曹は足の皮膚のたんぱく質を溶かして汚れを落とすのですが、
重曹は粒子も粗いので、必要以上に擦ることで皮膚の表面を溶かしすぎてしまうこともあります。

 

 

必要な皮膚までも溶かしてしまうと足が痛いと感じるケースもでてきます。
皮膚が弱い方は注意する必要があります。

 

 

また、重曹を頻繁に使用することで弱酸性の足の皮膚がアルカリ性に変性することで、細菌が繁殖しやすくなり逆効果になることもあります。

 

特に女性の足はデリケートですので敏感肌の方でも大丈夫な美容保湿系のデオドラントクリームがおすすめです。

 

⇒効果も人気も高いおすすめのケアクリーム

 

重曹でも足の臭いが消えない場合

足の臭いの主な原因菌はイソ吉草酸なので、重曹のアルカリ性特性で中和され臭いが消えるのですが、

 

重曹を使っても足の臭いが消えない場合は、足の臭いの原因がイソ吉草酸などの酸性菌ではなく、

 

アンモニア臭などのアルカリ菌の可能性があります。

 

このような時は、酸性のミョウバンを使って消臭しましょう。

 

酸性のミョウバンがアルカリ性のアンモニア臭を中和させて臭いを解消してくれます。

 

【参考記事】
足の臭いはミョウバンを使う事で解消されます!

 

 

足が臭いのを治す方法:TOPページ