タバコを吸う人は足が臭う。その原因と対策

タバコを吸うと足が臭うって本当なの?
と不思議に思われるかもわかりませんが本当なんです。

 

タバコを吸う人は足が臭う原因を4つほど紹介します。

タバコを吸う人は足が臭う原因:その1

タバコを吸う人は足が臭う

肝臓は有害物質を代謝する働きがあるのですが、タバコを吸う人は、

常日頃から肝臓に負担がかかっているのです。

 

肝臓に負担がかかることで体内で発生するアンモニアを十分に分解することができずに、
アンモニアが「汗や皮脂」と一緒に体外に排出されます。

 

そのために、普通なら臭わない汗からアンモニア臭がするようになるのです。

 

アンモニアは活動して筋肉を使ったり、ご飯を食べたりすることで常に体内で発生しています。

 

肝臓が正常の働きをしていればアンモニアは肝臓で尿素に分解され尿となって排出されます。

 

タバコを吸う人は足が臭う原因:その2

タバコを吸う人の足が臭うのには他にも原因があるんです。

 

人はタバコを吸うことで「コルチゾール」と呼ばれるホルモンが増加するのですが、
この「コルチゾール」は皮脂を多く作り出す働きがあります。

 

この増えすぎた皮脂を分解するために菌が繁殖し、
菌は皮脂を分解する時に臭い物質の脂肪酸を発生させます。

 

これが足の臭いの原因になるのですが、皮脂は足だけでなく体全体に分泌されるので「加齢臭」の元にもなったりします。

 

タバコを吸う人は足が臭う原因:その3

タバコにはニコチンやタールなどの有害物質が含まれていますが、これらは体内に活性酸素を大量に発生させます。

 

活性酸素は体を酸化させ錆びつかせます。

 

活性酸素が増えすぎると体の中の脂質も酸化し強烈な臭いを発するようになります。

 

タバコを吸う人は足が臭う原因:その4

タバコに含まれるニコチンは交感神経を活動的にする働きがあり一時的にですが身体を興奮状態にします。

 

その興奮状態が原因で汗をかき汗の量を増やす傾向があります。

 

本来、汗自体は無臭なのですが、前述したように肝臓の疲労や活性酸素の影響で汗が臭うばかりか、
汗の量が増えることで足に常在する菌を繁殖させることにもつながり、さらに足が臭うようになるのです。

 

足の臭いを抑える方法

タバコを吸うことで足が臭っている人は、「禁煙」をすれば足の臭いは解消されます。

 

それができれば苦労しないよ。という声が聞こえてきそうですが、
「禁煙」が無理なら次のことを実行してみてください。

 

肝臓を休ませるためにも、お酒を飲みすぎずに、睡眠をしっかり取るようにしてください。

 

あと本人は以外と気が付いていないのですが、タバコの臭いは足の臭い、体臭と混ざり合いさらなる悪臭を生み出しているのです。

 

ズボンや靴下にも気が付かないだけで臭いが付いています。
ですので消臭スプレーなどで日頃から衣服のケアをするようにしましょう。

 

体内の活性酸素を抑える消臭サプリを飲むこともおすすめです。

 

タバコを吸う人は足が臭うパクチーエナジーゴールド公式HP

 

パクチーエナジーゴールド

 

そして肝臓の解毒作用を助けるタウリンやアンモニアの分解をするアミノ酸オルニチンが配合され、
さらには抗酸化作用(活性酸素から身を守る)を持つL-シスチンまでも含まれているテレビでも紹介され話題のサプリメント「レバリズム-L」を服用すればとりあえずは完璧といえるでしょう。

 

タバコを吸う人は足が臭うTVで紹介され、話題沸騰!【レバリズム・L

 

レバリズム-L

 

足が臭いのを治す方法:TOPページ